サンガー(読み)さんがー(英語表記)Frederick Sanger

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サンガー(Frederick Sanger)
さんがー
Frederick Sanger
(1918―2013)

イギリスの生化学者。ケンブリッジのセント・ジョンズ・カレッジで学び、ケンブリッジ大学生化学部で1943年学位取得。1951年より医学研究会議(MRC:Medical Research Council)研究員。1962年以来ケンブリッジのMRC分子生物学研究所で研究に従事していたが、1983年に引退。以後研究にはかかわっていない。1945年にタンパク質の末端のアミノ酸残基のα(アルファ)-アミノ基をジニトロフェニル基で標識して末端アミノ酸を決定する方法を発見し、同法を基本に、酸や酵素による加水分解、各種クロマトグラフィー、電気泳動などを駆使して、1955年までに膵臓(すいぞう)のホルモンタンパク質インスリンのアミノ酸配列とシステインのS‐S結合の位置を決定、初めてタンパク質の構造解明に成功し、1958年ノーベル化学賞を受賞。こののち核酸の塩基配列決定の研究をはじめ、32P(トレーサーの一種)で標識したリボ核酸(RNA)を使って構造決定を行う方法を開発、RNA構造決定に広く使われ、1975年には、デオキシリボ核酸(DNA)複製酵素、32Pで標識した核酸基質、DNA阻害剤(2´,3´-ジデオキシヌクレオシド三リン酸)、ゲル電気泳動法を巧みに組み合わせた画期的なDNAの塩基配列迅速決定法であるジデオキシ法dideoxy method(サンガー法ともいう)を考案し、1980年二度目のノーベル化学賞をアメリカのギルバートWalter Gilbert、バーグとともに受賞した。1986年にはその研究上の功績により、メリット勲位(イギリスの文武に殊勲のあった24人に限って与えられる)を授与された。1993年にはサンガーの名を冠したサンガー・センターがケンブリッジに設立されたが、同所は、人間の染色体上にあるDNAの塩基配列を決定するヒトゲノム解析計画のイギリスにおける拠点となった。[梶 雅範]
『Frederick Sanger, Margaret Dowding edSelected Papers of Frederick Sanger, with Commentaries World Scientific Series in 20th Century Biology, vol.1(1996, World Scientific)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サンガーの関連情報