コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サン・フランチェスコ聖堂 サン・フランチェスコせいどうSan Francesco

3件 の用語解説(サン・フランチェスコ聖堂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サン・フランチェスコ聖堂
サン・フランチェスコせいどう
San Francesco

イタリア中部,ウンブリア州の町アッシジにある聖堂。ここはフランシスコの生地であり,1226年に聖者が没したのち,遺骸をまつる聖堂として弟子エリアスが 1228年起工,1253年に完成させた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

サン・フランチェスコ聖堂【サンフランチェスコせいどう】

イタリア中部,ウンブリア地方の町アッシジにある聖堂。フランチェスコの墓の上に建てられ,修道院が付属する。イタリア初期ゴシック建築で,起工1228年,献堂1253年。
→関連項目ジョットチマブエ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サン・フランチェスコ聖堂
さんふらんちぇすこせいどう
Basilica di San Francesco

フランチェスコ僧会の総本山で、教祖の生誕地アッシジ(中部イタリア)にある。聖フランチェスコ没後2年目の1228年に起工、53年に献堂された。14世紀を通じて内外部の装飾が行われたが、今日の外観はほとんど往時のままという。傾斜地を利用して上下2層につくられているため、「上の聖堂」と「下の聖堂」とよび分けられる。南側面にあけられたゴシック式の玄関から入る「下の聖堂」にはロマネスクゴシックの両様式が共存しており、プランは単廊式の身廊、翼廊およびアプス(後陣)からなっている。身廊は量感のある積柱に支えられた低い半円アーチで、五つの柱間に分割されている。玄関に接する第一の柱間は翼廊のように拡張されて、ほとんどナルテックス(前廊)の役割をしているが、この部分は典型的なゴシック様式である。また身廊には交差リブ穹窿(きゅうりゅう)が架せられているのに対し、翼廊は半円筒形穹窿である。「上の聖堂」はこれとはまったく対照的に純粋のゴシック様式である。プランは単廊式で、側壁に張り出した片蓋柱(かたぶたばしら)によって四つの柱間に分割される身廊、翼廊および多角形のアプスからなり、交差リブ穹窿が架けられている。両聖堂ともほとんどすべての壁面が中世末期の著名画家の作品で埋め尽くされているが、「上の聖堂」のチマブーエによる『キリスト磔刑図(たっけいず)』とジョットの『聖フランチェスコ物語』(一部弟子の手による)がとくに有名。「下の聖堂」にみるチマブーエの『聖母子、天使および聖フランチェスコ』をはじめ、シモーネ・マルティーニ、ピエトロ・ロレンツェッティらの作品は、いずれも美術史上の逸品である。[濱谷勝也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サン・フランチェスコ聖堂の関連情報