コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サン・ピエール Charles Irénée Castel,abbé de Saint‐Pierre

1件 の用語解説(サン・ピエールの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

サン・ピエール【Charles Irénée Castel,abbé de Saint‐Pierre】

1658‐1743
フランスの聖職者,著作家。1695年にフランス・アカデミー会員に選出される。1712年ポリニャック枢機卿に従って,スペイン継承戦争を終結させるためのユトレヒト会議に出席し,これを契機に《ヨーロッパ恒久平和》全3巻を執筆・刊行した(1713‐17)。彼はこのなかで〈諸国民の最高法廷〉設置の必要を説き,この法廷の権威によって人類から戦争の害悪を除こうと意図した。この書は,ルソーカントをはじめとする後の平和論者に大きな影響を与えている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サン・ピエールの関連キーワードオレームシエイエス助祭聖職者バンダフーシェフランス組曲第一身分フランスソワールマンデスフランス

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サン・ピエールの関連情報