コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サン・ピエール Charles Irénée Castel,abbé de Saint‐Pierre

世界大百科事典 第2版の解説

サン・ピエール【Charles Irénée Castel,abbé de Saint‐Pierre】

1658‐1743
フランスの聖職者著作家。1695年にフランス・アカデミー会員に選出される。1712年ポリニャック枢機卿に従って,スペイン継承戦争を終結させるためのユトレヒト会議に出席し,これを契機に《ヨーロッパ恒久平和》全3巻を執筆・刊行した(1713‐17)。彼はこのなかで〈諸国民の最高法廷〉設置の必要を説き,この法廷の権威によって人類から戦争の害悪を除こうと意図した。この書は,ルソーカントをはじめとする後の平和論者に大きな影響を与えている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サン・ピエールの関連キーワードブーツ(Dirk (Dieric) Bouts)プレボー(Jean Prévost)サン・ピエール・エ・ミクロンフォール・ド・フランスサン・ピエール[島]ポールとビルジニーセンチメンタリズムジャン プレヴォー孤独な散歩者の夢想パトリス ルコントカーン(フランス)サン・ピエール島サン・フルールミクロン[島]マルティニクモンマルトルリヨン美術館アングレームボーベ大聖堂プレー[山]

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サン・ピエールの関連情報