コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サン・ピエール Charles Irénée Castel,abbé de Saint‐Pierre

世界大百科事典 第2版の解説

サン・ピエール【Charles Irénée Castel,abbé de Saint‐Pierre】

1658‐1743
フランスの聖職者著作家。1695年にフランス・アカデミー会員に選出される。1712年ポリニャック枢機卿に従って,スペイン継承戦争を終結させるためのユトレヒト会議に出席し,これを契機に《ヨーロッパ恒久平和》全3巻を執筆・刊行した(1713‐17)。彼はこのなかで〈諸国民の最高法廷〉設置の必要を説き,この法廷の権威によって人類から戦争の害悪を除こうと意図した。この書は,ルソーカントをはじめとする後の平和論者に大きな影響を与えている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

サン・ピエールの関連キーワードブーツ(Dirk (Dieric) Bouts)プレボー(Jean Prévost)サン・ピエール・エ・ミクロンフォール・ド・フランスサン・ピエール[島]センチメンタリズムジャン プレヴォーポールとビルジニーサン・ピエール島サン=ピエールサン・フルールミクロン[島]アングレームモンマルトルリヨン美術館ボーベ大聖堂マルティニクプレー[山]モアサックデュビュク

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サン・ピエールの関連情報