サービス・マーク(英語表記)service mark

翻訳|service mark

世界大百科事典 第2版の解説

サービス・マーク【service mark】

商品の販売ではなくとしてサービスの提供をするが,自己の提供するサービスを他人のサービスと区別するために,その業務について使用する標識で,〈役務商標〉といわれる。広告,金融・保険,不動産取引,建築修理,通信,輸送貨物保管物品加工,教育・娯楽,その他レストラン・ホテル・医療等の各業務などがある。 第3次産業の発展とともに重要となってきたサービス・マークは,アメリカが1946年に商標法で登録制度によって保護したことに始まり,フィリピン韓国フランスドイツなどほとんどの国で登録制度で保護している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のサービス・マークの言及

【商号】より

商人がその営業上の自己を表示するために用いる名称のこと。商人が自己の同一性を明示するために用いるものであるから,自己の商品を指示するために用いる商標や,商品のともなわないサービスについて使用するサービス・マークとは異なる。また,商人の営業の同一性を表示するために用いる営業標(たとえば三越百貨店ののごとき)とも区別される。…

※「サービス・マーク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android