コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シアル sial

翻訳|sial

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シアル
sial

大陸地殻の上半部で,約 6km/sのP波速度をもつ部分。この部分は花崗岩質の岩石から形成されているとみられ,ケイ素 Siとアルミニウム Alを多く含むという意味でシアルと呼ばれたが,今日ではあまり用いられない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シアル(sial)

地殻の最上層。地殻の花崗岩(かこうがん)質層にほぼ相当する。珪素(けいそ)(Si)とアルミニウム(Al)とが多いところから名づけられた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

シアル

地殻の最上層。E.ジュースは地球内部の構造について3層からなると考え,上から下へ,サルsal,シマsima,ニフェnifeと名付け,後にウェゲナーがサルをシアルsialと改名。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

岩石学辞典の解説

シアル

地球の上部帯で,主としてシリカ(silica)とアルミナ(alumina)から構成された部分.すなわち花崗岩質層である[Suess : 1888].この語は組成の意味が含まれているので現在は一般的に使われず,上部地殻(upper crust)が使われており,上部地殻という語には特別な組成の意味は含まれない.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

シアル【sial】

〔主要元素がケイ素(Si)とアルミニウム(Al)であることから〕
大陸地殻の上半部につけられた名称。 → シマ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シアル
しある
sial

大陸地殻の上部を構成する層。もともとは、オーストリアの地質学者ジュースがケイ素(Si)とアルミニウム(Al)に富む花崗(かこう)岩や片麻岩などの岩石に対して名づけたものであるが、転じて、このような岩石からなるとされている大陸地殻の上部をさすようになった。現在では、大陸地殻の上部をシアルとよぶことは少なく、花崗岩質層とよぶのが普通である。大陸移動説が盛んであったころは、マントルや海洋地殻と区別して大陸地殻をさすのに用いられたこともある。[吉井敏尅]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シアルの関連キーワードハイポミグマタイト化作用エピミグマタイト化作用Nアセチルノイラミン酸エルンスト クレンクヒドロキシアルデヒドエンシアリック地向斜リン酸オセルタミビルアルデヒドアルコール花コウ(崗)岩質層エリスロポエチンオキシアルデヒドソーシャルダンスノイラミニダーゼエールリッヒ反応ヘマグルチニンガングリオシドノイラミン酸シアルク遺跡糖タンパク質シアリダーゼ

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シアルの関連情報