コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャープレス Sharpless,K.Barry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャープレス
Sharpless,K.Barry

[生]1941.4.28. ペンシルバニア,フィラデルフィア
アメリカの有機化学者。 1963年ダートマス大学卒業,68年スタンフォード大学で博士号を取得。 70年からマサチューセッツ工科大学に勤務し,90年からスクリップス研究所 W.M.ケック研究室の化学教授をつとめる。構成する原子は同じでも左右の向きが異なる分子 (光学異性体 ) のつくり分け (不斉合成 ) の研究,特に左右の違いのある触媒 (キラル触媒) による酸化反応の研究に取組んだ。 80年に香月勗 (かつきつとむ) とチタン触媒を使ったアリルアルコールの不斉エポキシ化反応に成功,さらに各種の不斉酸化反応を助ける触媒を開発した。この方法はさまざまな薬物などの合成に広く使われている。 2001年キラル触媒による不斉酸化反応の開発で,W.S.ノールズ野依良治とともにノーベル化学賞を受賞。このほか,ウォルフ賞,ベンジャミンフランクリンメダルなど多数受賞。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャープレス
しゃーぷれす
K. Barry Sharpless
(1941― )

アメリカの化学者。ペンシルベニア州フィラデルフィアに医者の息子として生まれる。1959年ダートマス大学に入学。医学部への進学を目ざすが、有機化学の授業でその魅力に触れ、教授の勧めもあって化学を志すようになる。1963年にダートマス大学を卒業後、スタンフォード大学に進学、有機化学を専攻し1968年に博士号を取得。スタンフォード大学、ハーバード大学での研究を経て、1970年よりマサチューセッツ工科大学に勤務。1977年スタンフォードに移り、1980年マサチューセッツ工科大学に戻って有機化学の研究を続ける。1990年よりスクリプス研究所教授となる。
 1980年代に、互いに鏡像関係にある二つの分子のうち一方の分子のみを合成(不斉合成)する酸化反応の触媒を開発した。医薬品の合成においては、鏡像体間で活性が大きく違うこともあり、一方のみを効率よく合成できるこの研究成果は多くの医薬品の工業的生産で用いられている。この業績により2001年のノーベル化学賞を、W・ノールズ、野依良治(のよりりょうじ)とともに受賞した。[馬場錬成]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シャープレスの関連キーワードウィリアム ノールズ有機合成化学トリアゾール