コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロチドリ Charadrius alexandrinus; Kentish plover

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シロチドリ
Charadrius alexandrinus; Kentish plover

チドリ目チドリ科。全長 15~17cm。雌雄異色。雄の夏羽(→羽衣)では白い額と赤褐色の後頭の間に黒い帯がある。過眼線は黒く,眉斑は白い。背以下の背面は灰褐色で,喉,頸,腹面は白いが,頸に前側で切れている黒い輪がある。雌は雄に似るが,前頭と後頭,過眼線,頸の輪とも背と同じ灰褐色。冬羽は雌雄とも雌の夏羽に似ている。ヨーロッパ南部,アフリカ北部,ユーラシア大陸の中緯度地方以南で繁殖する。繁殖地の南部では周年生息する留鳥だが,北部では夏鳥(→渡り鳥)で,繁殖後に南部の繁殖地やアフリカ中部,東南アジアなどに渡る。海岸や河口の砂浜,砂利浜,泥浜,塩湖の沿岸などにくぼみをつくって営巣する。食べ物は昆虫やカニ,エビ,貝,ゴカイといった無脊椎動物のほか海藻も少量含む。日本でも全国の海岸や河口の砂州などで繁殖し,本州以南では越冬している。「ぴゅる,ぴゅる」と澄んだ声で鳴く。(→渉禽類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

シロチドリ

スズメよりやや大きめで、体長約15センチ。全国各地の砂地干潟に分布する。波が穏やかな内海の広い砂浜を好むとされる。県内の海岸には、繁殖期春先南方からペアで、越冬期の秋口ごろに北方から群れで飛んでくる。「環境汚染バロメーター」として1972年に県の鳥に選ばれた。環境省と県のレッドデータブック両方で絶滅危惧種に指定されている。

(2016-08-04 朝日新聞 朝刊 三重全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

シロチドリ

チドリ科の鳥。翼長11cm。ユーラシアに広く分布。日本では全国で繁殖し,北日本では繁殖後,暖地へ移動する。河川敷,砂浜海岸などに営巣し,埋立地などでは集団営巣することがある。
→関連項目チドリ(千鳥)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シロチドリ
しろちどり / 白千鳥
Kentish plover
[学]Charadrius alexandrinus

鳥綱チドリ目チドリ科の鳥。北半球の温帯地域から南半球にまで分布し、おもに海岸にすむ。日本では全国から記録があり、九州以北で繁殖している。海岸や河口近くの砂地や砂礫(されき)地のくぼみに小石、貝片、木片などを敷き、3卵を産む。全長17.5センチメートル。上面は褐色で、下面は白色。胸の両側に黒斑(こくはん)があり、胸帯にはなっていない。飛ぶと翼には白帯が出る。嘴(くちばし)は黒色で、足も黒っぽい。冬季には群れをつくり、数百羽以上になることも多く、ハマシギとの混群もよくつくる。甲殻類、軟体動物などが主食である。[柳澤紀夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シロチドリの関連キーワードハジロコチドリチドリ(千鳥)三重県の要覧三重[県]スズメ三重県県鳥千鳥

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シロチドリの関連情報