シンチレーション(英語表記)scintillation

翻訳|scintillation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シンチレーション
scintillation

ケイ光体放射線刺激を受けて発する光。放射線はケイ光体内の原子または分子励起するが,この励起エネルギーが光として放出される場合にシンチレーションとなる。ハロゲン化アルキル硫化亜鉛などの無機結晶では伝導帯へ励起された電子が発光中心である格子欠陥不純物原子に捕えられて発光する。発光強度やスペクトルおよび減衰時間は発光中心の種類や濃度,および発光中心と母体結晶の組合せに著しく左右される。有機結晶,有機液体および不活性ガスでは,多くの場合に励起,発光の過程が同一の原子または分子内で起ると考えられているが,無機物質ほど明らかではない。発光スペクトルは一般に可視部および紫外部にあり,減衰時間は 10-9 秒から 10-3 秒程度である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シンチレーション(scintillation)

星のまたたき。
放射線蛍光物質に衝突したとき、短時間発光する現象。また、その光。
受信電波の強さが、平均値の前後で不規則に変動すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

シンチレーション【scintillation】

一般にはせん光のこと。(1)荷電粒子蛍光体に入射したとき,蛍光体の分子を励起したり電離するために荷電粒子が失ったエネルギーの一部が可視光または紫外線として発光する現象。特定の領域の波長をもつ光が入射してもシンチレーション現象が起きる。発生した光を観測することにより荷電粒子の数を求めることができる(シンチレーションカウンター)ので,初期の原子核実験では硫化亜鉛ZnSを蛍光板として発光回数を計測した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

シンチレーション【scintillation】

〔原義は、星のまたたきの意〕
放射線が、蛍光板に当たって瞬間的に発光すること。また、その光。シンチ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シンチレーション
しんちれーしょん
scintillation

ラテン語のscintilla(英語ではa spark)に由来し、日常語としては火花のようにぴかりと光を発する意。閃光(せんこう)。物理現象としては、(1)物体(とくに蛍光体)に放射線が衝突する際に瞬間的に強く輝く光点が観測される現象、(2)恒星のまたたき(twinkling)、(3)晴れた日に野外で遠くの物が揺らいで見えるかげろう現象、などを表す用語として使用される。(1)は1903年にエルスターとガイテル、またクルックスがそれぞれ独立に発見した。原子物理学発展の初期にはラザフォード、ガイガーがこれを使ってラジウムC(ビスマス214)から放出されたα(アルファ)粒子の数を数え、またそれに伴って流れる電流とからα粒子のもっている電荷を測定した。現在でも荷電粒子、γ(ガンマ)線、中性子線などの検出に使われている。(2)は地上で恒星を観測するときに大気の揺らぎのためにとくに地平線に近い星が激しくまたたく現象で、ニュートンの『光学』にもその記述がある。(3)も(2)と同様な原因で生ずる身近な現象である。[石黒浩三・久我隆弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android