ジャンガラ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジャンガラ
じゃんがら

長崎県平戸(ひらど)市に伝わる念仏踊り。月遅れ盆の8月18日に、平戸島の平戸、中野、中津良(なかつら)など各地の神社、寺、学校の庭などで踊られる。平戸藩主松浦(まつら)家の厚遇もあって、古くから祖霊慰撫(いぶ)と五穀豊穣(ほうじょう)の祈願を込めて踊られてきた。この呼称は鉦(かね)と太鼓の音を模したものという。踊りは、まず笛・鉦・太鼓の道囃子(ばやし)で練行し、踊り場を一周したのち、中踊り、側(がわ)踊り、棒踊りなどが展開される。数流の幟(のぼり)を立て、踊り子は着流しで菅笠(すげがさ)をかぶり、笠の上には五色の幣(ぬさ)や造花を立て、笠の縁には木綿の幕をかけて顔を隠す。胸につけた太鼓を両手の桴(ばち)で打ちつつ踊るが、ほかに笛と鉦の役がはやす。
 福島県いわき市でも、じゃんがら念仏を月遅れ盆の8月14~16日に行っているが、こちらは主として新盆の家を巡って踊る。2~3名の太鼓打ちを中にして、鉦を手にした踊り手十数名が円陣をつくって踊る。[萩原秀三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android