コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュール‐トムソン効果 Joule-Thomson effect

法則の辞典の解説

ジュール‐トムソン効果【Joule-Thomson effect】

多孔性の栓を通過させるなどの方法で,気体に絞りを与えて断熱変化を行わせると,気体の温度が変化する現象.液体空気の製造や冷蔵庫などに利用されている.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジュール‐トムソン効果
じゅーるとむそんこうか

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ジュール‐トムソン効果の関連キーワードケルビン(William Thomson 1st Baron Kelvin of Largs)リンデ(Carl Paul Gottfried Ritter von Linde)ジュール(James Prescott Joule)ジュール‐トムソンの逆転温度C.P.G.R.v. リンデジュール‐ケルヴィン効果液体水素ジュール冷凍機実験液化

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android