コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュールトムソン効果 ジュールトムソンコウカ

デジタル大辞泉の解説

ジュール‐トムソン‐こうか〔‐カウクワ〕【ジュールトムソン効果】

圧縮した気体細孔から噴出させて急に膨張させると、気体の温度が変化する現象。常温では、ほとんどの気体は温度が下がる。気体の液化に利用する。1861年、ジュールトムソン(W.Thomson)が実験で確認した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ジュールトムソンこうか【ジュールトムソン効果】

圧縮気体を細孔からゆっくりと噴出させる際に、気体が温度変化を示す現象。理想気体では温度変化がないが、実際の気体は、圧力で決まる特定の温度以上では温度上昇を示し、それ以下では温度降下を示す。気体を冷却・液化する時に利用される。ジュールとトムソン(物理学者ケルビン卿の本名)が1861年に実験で確認した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ジュールトムソン効果の関連キーワードケルビン(William Thomson 1st Baron Kelvin of Largs)リンデ(Carl Paul Gottfried Ritter von Linde)ジュール(James Prescott Joule)ジュール‐トムソンの逆転温度C.P.G.R.v. リンデジュール‐ケルヴィン効果ジュールの実験液体空気液体水素理想気体冷凍機

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android