コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストリート ストリート Street, George Edmond

4件 の用語解説(ストリートの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストリート
ストリート
Street, George Edmond

[生]1824.6.20. ウッドフォード
[没]1881.12.18.
イギリスの建築家。 G.スコットのもとで5年間仕事をしたのち 1849年独立した。ビクトリア時代ゴシック・リバイバル様式の代表者。オックスフォードセントフィリップ聖堂 (1860~62) やセント・ジェームズ・ザ・レス聖堂 (58~61) をはじめ多くの聖堂を設計したが,最も著名な作品はロンドンの王立裁判所 (74~82) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ストリート(street/St.)

街路。通り。「メーンストリート
他の語の上に付いて、街中の若者を中心として起こる文化や流行などを表す。「ストリートファッション」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ストリート【George Edmund Street】

1824‐81
イギリスのゴシック・リバイバルの代表的建築家。ウッドフォード生れ。G.G.スコットの助手を経て独立し,1852年オックスフォードで教会改革運動に加わった後,55年にロンドンへ出て建築家としての活動を始めた。おもに教会堂を多く建て,セント・ジェームズ・ザ・レス教会(ロンドン,1861)はその代表作で,他に王立裁判所(同,1882)を手がけた。R.N.ショーなど優れた建築家を育てたことでも知られ,さらにオックスフォード時代の助手W.モリスらを通じ,後のアーツ・アンド・クラフツ・ムーブメントの展開に大きな影響を及ぼした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ストリート【street】

街路。通り。市街。 「メーン--」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ストリートの関連キーワードゴシック体イギリス国会議事堂スマークバイバルスバターフィールドピュージンリックマンゴシックホラーPAs 秘書たちのゴシップライフゴシック・リバイバル

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ストリートの関連情報