ストリート(英語表記)Street, George Edmond

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストリート
Street, George Edmond

[生]1824.6.20. ウッドフォード
[没]1881.12.18.
イギリスの建築家。 G.スコットのもとで5年間仕事をしたのち 1849年独立した。ビクトリア時代のゴシック・リバイバル様式の代表者。オックスフォードのセント・フィリップ聖堂 (1860~62) やセント・ジェームズ・ザ・レス聖堂 (58~61) をはじめ多くの聖堂を設計したが,最も著名な作品はロンドンの王立裁判所 (74~82) 。後年ロイヤル・アカデミー教授となる。イギリス王立建築家協会 RIBAの会長もつとめた (81) 。『北イタリアの煉瓦と大理石の建築』 The Brick and Marble Architecture of Northern Italy (55) ,『スペインのゴシック建築』 The Gothic Architecture in Spain (65) の著作がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ストリート(street/St.)

街路。通り。「メーンストリート
他の語の上に付いて、街中の若者を中心として起こる文化や流行などを表す。「ストリートファッション」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ストリート【George Edmund Street】

1824‐81
イギリスのゴシック・リバイバルの代表的建築家。ウッドフォード生れ。G.G.スコットの助手を経て独立し,1852年オックスフォードで教会改革運動に加わった後,55年にロンドンへ出て建築家としての活動を始めた。おもに教会堂を多く建て,セント・ジェームズ・ザ・レス教会(ロンドン,1861)はその代表作で,他に王立裁判所(同,1882)を手がけた。R.N.ショーなど優れた建築家を育てたことでも知られ,さらにオックスフォード時代の助手W.モリスらを通じ,後のアーツ・アンド・クラフツ・ムーブメントの展開に大きな影響を及ぼした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ストリート

〘名〙 (street)
街路。通り。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉五〇「一巨屋を大戎慈(グレートジョージ)(スツリート)に買ふて茲(ここ)に住居せり」
② 「ストリートガール」の略。
※ひかげの花(1934)〈永井荷風〉九「わたしのことを街娼(ストリート)だと思ったのよ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ストリートの関連情報