ストーン・サークル(読み)ストーンサークル

百科事典マイペディアの解説

ストーン・サークル

巨石記念物の一種で自然石などを環状に立て並べたもの。ヨーロッパの大西洋海岸の新石器時代の遺跡に多く,英国のストーンヘンジに代表される。インドのデカン高原,アッサム地方,シベリアのミヌシンスク(タガール文化)などにも分布。太陽崇拝に関係がある宗教的遺構とされるが,墳墓に関係ある遺構とも考えられる。→環状列石
→関連項目小牧野遺跡太陽崇拝

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ストーン・サークル
すとーんさーくる
stone circle

自然石または加工の少ない巨石を環状に配置したもので、巨石記念物の一つ。環状列石と訳す。巨石など墳墓の外周を取り巻くものと、墓と直接には関係しないと思われるものの両者がある。前者は分布が広く、ヨーロッパ以外にも南インド、シベリアなど世界的に広がっている。日本では北海道の音江(おとえ)環状列石などがある。イギリスのストーンヘンジは、墓壙(ぼこう)は伴うが後者に属するものといえよう。環状列石といっても、正円ではなく楕円(だえん)形のもの、不整円形のものも多く、一重のものから二重、三重に巡らすものまで、その形態は変化に富んでいる。石材の大きさも数十トンに達するものから、巨石とはよべない小さなものまでさまざまである。
 イギリスでは、ストーンヘンジのほかに、アベベリー、フランスではエル・ラニックなどが著名であり、中国でも斎家(せいか)文化の大何荘(だいかそう)遺跡などが知られている。日本では東北、北海道に分布が多く、秋田県の大湯環状列石(おおゆかんじょうれっせき)の「日時計」がよく知られているほか、北海道の忍路(おしょろ)環状列石、岩手県の樺山(かばやま)遺跡などがある。[寺島孝一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android