コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スントーンプー Sunthonphu

世界大百科事典 第2版の解説

スントーンプー【Sunthonphu】

1785‐1855
タイ最大の詩人。スントーンプーは通称。本名プー。《クンチャーン・クンペーン》の一部,大作《プラアパイマニー》をはじめ多くの旅行詩などがある。ラーマ2世の時クン・スントーンウォーハーンの位をおくられ,ラーマ4世の時66歳で再び召されてプラ・スントーンウォーハーンに叙せられ王の右筆となる。2歳の時父が仏門に入り,母は再婚して王宮に入り乳人となっている。学歴はないが市井の語彙を駆使して絢爛華麗な押韻法を独創し,王侯貴族の文学を大衆化した功績は大きい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のスントーンプーの言及

【タイ】より

…現行《布施太子本生経》のクライマックスの二つの章もこの人の筆による。ラーマ2世時代(1809‐24)はタイ文学の精華の時代で,宮廷には王やのちのラーマ3世をはじめ,市井の語彙を駆使して文学を大衆化したタイ最高の詩人スントーンプーら一流の詩人が集い,けんらんたる舞踊歌劇の傑作《イナオ》や純タイ的でタイ文学史上最,傑作《クンチャーン・クンペーン》が競作され,《法螺貝王子》《クライトーン》など多くの詩劇が完成された。個人の作としては最大のロマン《プラアパイマニー》(スントーンプー作)が完成したのはラーマ3世時代(1824‐51)であろう。…

※「スントーンプー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スントーンプーの関連キーワードベルトレトルストイ(Lev Nikolaevich Tolstoy)三ツ峠山稲葉小僧功子内親王藤枝外記本居宣長長久保赤水マンギト朝カートライト(Edmund Cartwright)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android