コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セイレン セイレン Seirēn

6件 の用語解説(セイレンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

セイレン(Seirēn)

セイレーン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

セイレン

ギリシア神話で,上半身が女で下半身が鳥の姿をした海の怪物。複数形セイレネス。美しい歌声をもち,スキュラカリュブディスの近くの島に住む。その歌声に魅惑されて殺された船人たちの死体が島に山をなしたという。
→関連項目人魚

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

セイレン【Seirēn】

ギリシア神話の人面鳥身の海の精。複数形セイレネスSeirēnes。その数は2人または3人で,シチリア島近くの小島に住み,美しい声で船人を魅了し,島に上陸させてはこれを滅ぼしたと伝えられる。英語のサイレンの語源。イアソンが指揮するアルゴ船がこの島に近づいたときは,オルフェウスが竪琴をかなでて彼女らの歌に対抗し,仲間の危難を救った。またトロイア戦争から帰国するオデュッセウスの船がここにさしかかったときには,部下の耳を蠟でふさぎ,自分の体は帆柱にしばりつけておいたため,彼のみセイレンの歌を耳にしながらも,無事にこの難所を通過することができた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

セイレン【Seirēn】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セイレン
セイレン

サイレン」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セイレン
せいれん
Seiren

ギリシア神話の海の怪物。下半身は鳥、上半身は女の姿で、複数形はSeirenes。河神アケロオスムーサメルポメネ、またはテルプシコラとの娘とされる。初めペルセフォネの侍女であったが、ペルセフォネがハデスにかどわかされるのを防止しなかったのをデメテルに罰せられたため、あるいはペルセフォネの探索用に神から翼を与えられて有翼の怪物になったという。彼女らの歌声は、船乗りを魅了して破滅させる力をもっていたが、アルゴ船のときには、その歌に対抗してオルフェウスがリラ(竪琴(たてごと))を演奏し、これに打ち勝って乗員を守った。またホメロスによれば、彼女らはスキラとカリブディスの近くに住み、船乗りを悩ますが、オデュッセウスはキルケの助言により部下に耳栓をさせ、自分は身をマストに縛り付けて、その歌を聞きながらも難を逃れたという。いわゆるサイレン(号笛)の原語である。[丹下和彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のセイレンの言及

【オルフェウス】より

…アポロンから竪琴を授かり,ムーサたちからその奏法を教えられて,鳥獣草木をも魅了するほどの卓越した楽人となった。このため,アルゴナウタイの遠征(アルゴナウタイ伝説)に参加したときも,琴を弾じて浪風をしずめ,セイレンたちの待ちかまえる海の難所では,みずからの歌で彼女たちの魔法の歌を負かして船の安全を保った。遠征から帰ると,ニンフのエウリュディケEurydikēを妻としたが,彼女がじきに毒蛇にかまれて死んだため,彼は最愛の妻を取り戻すべく,地下界に下って音楽で冥府の王ハデスの心を動かし,地上に出るまでは決して後ろをふりむかないという約束で妻を連れ帰る許しを得た。…

【人魚】より

…またトリトンは人間の鼻と魚の鰓(えら)と広い口を持ち,ネレイスたちを凌辱する好色な海の種族とみなされていた。ほかに,ギリシアの女怪セイレンも人魚伝説形成に多大な影響を与えている。上半身が女,下半身が鳥というこの怪物は,その妖しい歌声でオデュッセウスとその一行を魅惑し,海中へ引き込もうとしたが果たせず,怒って海に身を投じ魚に変じたといわれる。…

【骨】より

…オイディプスが人面獅子身の怪物スフィンクスに出会ったとき,彼女のまわりにはなぞに答えられず食われた旅人の骨が散乱していた。オデュッセウスらを魅した海の魔女セイレンたちの座るあたりには人骨がうずたかく積もっていた(ホメロス《オデュッセイア》)。浅井了意の《伽婢子(おとぎぼうこ)》には《剪灯新話》の〈牡丹灯記〉から得た,萩原新之丞が白骨とむつみ合う〈牡丹灯籠〉の話や,長間佐太(ながまのさた)が白骨に抱きつかれた話(原話は《暌車志(けいしやし)》にある)などがある。…

※「セイレン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

セイレンの関連キーワードエイレイテュイアハルピュイアイヒュギエイアボレアスギリシャ神話《ギリシア神話》ヘレナ(ギリシア神話)ラドン(ギリシア神話)カイロン(キローン)キローン

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

セイレンの関連情報