コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タカ(鷹) タカ

百科事典マイペディアの解説

タカ(鷹)【タカ】

ワシタカ科の鳥のうち中型および小型のものの総称。ワシとの区別は大きさによるもので,分類上の区別ではない。暗褐色や灰色のものが多く,嘴(くちばし)は強く,鉤爪(かぎづめ)をもつ。
→関連項目鷹狩

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タカ【タカ(鷹) hawk】

タカ目タカ科の鳥のうち,比較的体が小さく,尾と脚が長いものの総称。一方,体が大きく,尾は短く,脚が太くたくましいものをワシ(英名eagle)と呼ぶ。しかし,タカとワシは分類学上の区別ではなく,またクマタカのように名まえはタカだが,実際はワシである例もある。鷹狩につかわれる鳥は,主としてタカとハヤブサ類で,まれにワシであることもある。約220種あるタカ科Accipitridaeの鳥は,形態と生活様式から約10の分類群に分けられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

タカ(鷹)の関連キーワードトビ(鳶)チュウヒハイタカハチクマオオタカ甲斐犬サシバノスリ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タカ(鷹)の関連情報