タカ(鷹)(読み)タカ

百科事典マイペディアの解説

タカ(鷹)【タカ】

ワシタカ科ののうち中型および小型のものの総称ワシとの区別は大きさによるもので,分類上の区別ではない。暗褐色や灰色のものが多く,嘴(くちばし)は強く,鉤爪(かぎづめ)をもつ。昼行性,肉食。日本にはノスリクマタカチュウヒオオタカハイタカハチクマサシバトビ等。
→関連項目鷹狩

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タカ【タカ(鷹) hawk】

タカ目タカ科の鳥のうち,比較的体が小さく,と脚が長いものの総称。一方,体が大きく,尾は短く,脚が太くたくましいものをワシ(英名eagle)と呼ぶ。しかし,タカとワシは分類学上の区別ではなく,またクマタカのように名まえはタカだが,実際はワシである例もある。鷹狩につかわれる鳥は,主としてタカとハヤブサ類で,まれにワシであることもある。約220種あるタカ科Accipitridaeの鳥は,形態と生活様式から約10の分類群に分けられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる