コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タカ タカhawks

4件 の用語解説(タカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タカ
タカ
hawks

タカ目,ハヤブサ目のうち小型および中型の種の総称。大型のものはワシとして区別されているが明確な境界はない。一般に昼行性の猛禽類で,は鋭く曲がり,足の爪も鋭い。種あるいは体の大きさなどによって主食はやや異なるが,ほとんどが肉食である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

タカ(Taqah)

オマーン南部の港町。アラビア海に面する。オマーン国王カーブース=ビン=サイードの父が建造したタカ城、および母が埋葬されたイスラム寺院がある。また、市街東部には「乳香の土地」の名称で世界遺産文化遺産)に登録された古代遺跡ホールルーリがある。ターカ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

タレントデータバンクの解説

タカ


芸名
タカ

性別
男性

生年月日
1976/04/03

星座
おひつじ座

干支
辰年

血液型
B

出身地
北海道

身長
175cm

体重
85kg

職種
お笑い

好きなスポーツ
スキー

趣味・特技
お酒/ファッション/スキー/カラオケ

プロフィール
1976年生まれ、北海道出身のお笑い芸人。トシと1994年にお笑いコンビタカアンドトシ」を結成し、ボケを担当している。「俺だ!俺だ!俺だ!」と大きな声で叫ぶギャグがある。主な出演作は、テレビ朝日いきなり!黄金伝説。』、『もしものシミュレーションバラエティー お試しかっ!』、日本テレビ『天才!志村どうぶつ園』、北海道文化放送『タカトシ牧場』など人気番組に多数出演。

代表作品
バラエティーいきなり!黄金伝説。』 / バラエティー『天才!志村どうぶつ園』 / バラエティー『ペケ×ポン』

出典|株式会社タレントデータバンク
タレントデータバンクについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タカ
たか / 鷹
hawk

鳥綱タカ目タカ科に属する鳥のうち、中形から小形のものの総称。これに対し、大形で強力な種はワシとよばれる。しかし、タカとワシの区別はかなり便宜的なもので、分類学的な分け方ではない。一方、タカのなかにハヤブサ科の鳥を含める場合もある。昼行性の猛禽(もうきん)で、嘴(くちばし)は先が鉤形(かぎがた)に曲がり、つめは鋭い。雌が雄より大きい種が多く、とくに雌雄の色彩が違う種ではそれが著しい。
 タカ科の鳥は世界に分布し、約210種がある。日本には22種がおり、ワシと名のつく7種を除いた15種がタカである。ミサゴ属1種、ハチクマ属1種、トビ属1種、ハイタカ属4種、ノスリ属3種、サシバ属1種、クマタカ属1種、チュウヒ属3種が含まれる。いずれも動物質のものを食べるが、多くの種では生きた動物をとらえる。ノスリ類はネズミ、ハイタカ類は鳥、ハチクマはハチの幼虫や蛹(さなぎ)、ミサゴは魚と、狩猟の対象とするおもな動物が決まっている種もある。サシバやチュウヒはカエル、ヘビ、ネズミを、クマタカは大形の鳥や哺乳類(ほにゅうるい)を捕食する。トビはネズミの死体や魚のあらを食べることが多い。獲物は足で押さえ、嘴でちぎって食べ、骨や羽毛などの不消化物はあとで塊にして吐き出す。これをペリットという。
 獲物が違うのに伴って、狩猟の方法もそれぞれ異なる。空中で鳥を追いかけて後ろからつかむもの、広い範囲を飛び回って地上の獲物を探し、みつけると急降下してとらえるもの、枝に止まって待ち伏せし、地上の獲物に襲いかかるもの、草原や葦原(あしはら)の上空を低く飛び、獲物が逃げ込む前につかみ取るものなどがあり、いくつかの方法を使う種もある。ノスリ、ミサゴ、ハイイロチュウヒなどは下の獲物をねらうとき、複雑に翼と尾を動かしながら空中の1か所で停空飛翔(ひしょう)をする。トビ、ノスリ、クマタカなどは広い翼をもち、上昇気流を利用して羽ばたかないでゆっくり飛ぶことが多いが、ハイタカ類は速い羽ばたきと短い滑翔を交互に行い、速く直線的に飛ぶ。しかし条件のよいときには、どの種も上空で輪を描いて飛ぶ。
 多くの種は、高い木の上に枯れ枝を使って大形の巣をつくり、1~5個の卵を産むが、チュウヒ類のように草原の地上に営巣したり、ノスリやミサゴのように岩上や岩棚に巣をつくったりするものもある。雛(ひな)は綿羽に覆われ、数十日間親の哺育(ほいく)を受けて巣だつ。季節の変化による長い移動はしない種が多いが、サシバとハチクマは夏鳥で、秋になると大群で南へ渡る。昔は鷹狩(たかがり)にオオタカが用いられ、地方によってはクマタカも使われた。また、家紋としてタカの姿や羽を用いたものが多い。[高野伸二]

民俗

『古今著聞集(ここんちょもんじゅう)』に、摂津国(兵庫県・大阪府)で飼われていたタカが、人々を脅かしていた大蛇を退治した話が載っているが、このほかに、遠征の帰途家臣の裏切りで孤島に残された英雄百合若大臣(ゆりわかだいじん)が、愛鷹(あいよう)「緑丸」の助けにより故国への復帰を遂げたという話も有名である。他面、タカに愛児をさらわれたという話もあり、飛騨(ひだ)(岐阜県)に伝わる手(てまりうた)に、「一人もらった男の子、鷹にとられて今日七日――」というのがあり、東京の子守唄にも「泣くとお鷹にとられます、黙ってねんねんねんねんよう」というのがあった。また、タカの鋭い目玉を眼病の霊薬とした所もあった。羽は矢羽として珍重されたせいか、タカが自らの抜け羽を深山の岩の間にしまっておく羽蔵をみつけると、一生楽に暮らせるという話もあった。[最上孝敬]
 古代エジプトでは、タカはその飛翔力(ひしょうりょく)から、天空を支配する神格と結び付けている。エジプト人は天空はタカの頭であると考え、右目が太陽、左目が月であるとした。太陽の神ホルスの名は、天空を飛ぶタカに由来し、ホルスは五色の翼をもつタカ、あるいはタカの頭部をもつ神の姿で表現された。オーストラリアの先住民の火の起源神話では、タカが特徴的に登場している。タカが最初に火をおこしたとか、他の動物のもっている火を人間のなかに広めたとかいう。ボルネオ島の先住民には、タカを神の使者とするものが多い。タカを祀(まつ)ると幸いがあるとか、タカを見た人はよいことがあるとかいう。タカの飛び方で吉凶を判断する民族もある。タカが円を描いて飛ぶと多数の人が死ぬなどという。アイヌ民族では、タカは悪い神に食物を供給する料理番であると伝えるが、タカそのものはよい神で狩猟のときに獲物を追い出してくれるという。熊送(くまおく)りと同類のタカ送りの儀礼を行う習慣もあった。タカを籠(かご)に入れてたいせつに飼育し、殺すとき、タカのようなりっぱな射手になるようにと祈ると、聞き入れられるという。[小島瓔

文学

鷹狩に用いられたのでなじみ深く、早くから文学作品によくみられ、『万葉集』にも大伴家持(おおとものやかもち)に鷹を詠んだ二つの長歌がある。平安時代には屏風歌(びょうぶうた)の画題として秋の「小鷹狩」や冬の「大鷹狩」がしばしば詠まれ、『古今六帖(こきんろくじょう)』第二「野」の項目にも、「大鷹」「小鷹」「大鷹狩」「小鷹狩」の題が設けられている。また、「鷂(はしたか)」もよく詠まれ、「鷂のとがへる山」という類句にもなっている。『大和物語(やまとものがたり)』152段の帝(みかど)が逃げた鷹を思って「言はで思ふぞ言ふにまされる」と詠んだ話、『蜻蛉日記(かげろうにっき)』天禄(てんろく)元年(970)6月条の出家を願う母に同調した道綱(みちつな)が鷹を逃がして決意を示した話などはよく知られる。俳句の季題は「鷹」「鷹狩」が冬、「小鷹」「小鷹狩」が秋。「鷹一つ見付けてうれし伊良古崎(いらごさき)」(芭蕉(ばしょう))。[小町谷照彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タカの関連情報