コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タゲリ Vanellus vanellus; northern lapwing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タゲリ
Vanellus vanellus; northern lapwing

チドリ目チドリ科。全長 28~33cm。背面は金属光沢のある緑黒色,夏羽(→羽衣)では喉から胸が黒く,腹が白い。冬羽では喉も白く,胸に黒い帯が残る。頭に長い冠羽(→羽冠)をもち,繁殖期にはさらに長くなる。先が幅広くなっているをゆっくりとはばたいて,特徴のある飛び方をし,飛び立つときによく「みゅー,みゅー」と子猫のような鳴き声を出す。ユーラシア大陸の中緯度地方で繁殖し,地中海地方からインド北部,インドシナ半島北部,中国東部,日本で越冬する。日本にはおもに冬鳥(→渡り鳥)として渡来するが,本州中部には繁殖の記録もある。一般に冬季は積雪のない地域の草地や刈り後の水田などに群れをつくってすみ,昆虫類などの無脊椎動物やミミズなどを食べている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

タゲリ

チドリ科の鳥。翼長22.5cm。後頭部の長い羽冠が特徴。冬羽は頭上と羽冠が黒色で,背面は緑黒色。ユーラシア大陸中部に分布。日本には冬鳥として全国の水田,沼湿地などに渡来し,群生。
→関連項目チドリ(千鳥)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タゲリ
たげり / 田鳧
lapwing
[学]Vanellus vanellus

鳥綱チドリ目チドリ科の鳥。ヨーロッパからアジアの北部にかけて分布、繁殖し、冬季にはヨーロッパ南部、アフリカ北部、インド、東南アジア、中国、日本などへ渡る。日本ではおもに冬鳥であるが、1973年(昭和48)に石川県で初めて繁殖するものがみつかった。全長31.5センチメートル。上面は金属光沢のある緑黒色。下面は白色。胸には幅広の黒帯があり、下尾筒は褐色をしている。白っぽい顔に黒線の模様があり、頭上に冠羽をもつ。先が丸い翼で、ふわふわとゆっくり羽ばたいて飛ぶ。越冬期には群れでいることが多い。ミャーとネコのような声を出して鳴く。水田の刈り跡や湿地にすむ。[柳澤紀夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

タゲリの関連キーワードダイゼン(大膳)チドリ(千鳥)イシチドリ鍋鳧・鍋鳬多鯰ヶ池ヌバ族

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タゲリの関連情報