ダイス(金属加工)(読み)だいす(英語表記)dies

  • 金属加工

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金属の塑性加工に使用される型。雄(お)ねじ切り、焼結(しょうけつ)、引抜き、押出し、鍛造(たんぞう)、プレス加工などの分野で利用されている。プレス加工では、型を押し込むためにポンチpunch(押抜き具)を用い、この両方を型という。ときにはポンチを雄型(おがた)、ダイスを雌型(めがた)と区別する。また、丸棒に雄ねじを切るのに使われる工具もダイスという。これは、中央に雌ねじが切ってある四角板または円板を手回し用の保持具に取り付けて、丸棒の先端から回しながら、ねじ込んで丸棒に雄ねじを切っていくものである。

[中山秀太郎]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android