コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダニエル電池 ダニエルでんち Daniell cell

6件 の用語解説(ダニエル電池の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダニエル電池
ダニエルでんち
Daniell cell

陽極の銅のまわりに硫酸銅水溶液を,素焼板をへだてて陰極の亜鉛のまわりに硫酸亜鉛水溶液を用いた電池。起電力は約 1.06~1.09Vである。 1836年 J.ダニエルが考案した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ダニエル‐でんち【ダニエル電池】

硫酸亜鉛溶液中の亜鉛陰極硫酸銅溶液中の銅を陽極とし、両液を素焼き板で仕切った一次電池起電力は約1.1ボルト。1836年、ダニエルが考案。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ダニエル電池【ダニエルでんち】

陽極の銅を硫酸銅水溶液に,陰極の亜鉛を硫酸亜鉛水溶液に浸し,両水溶液を素焼板などで隔離した一次電池。1836年J.F.ダニエルの考案。起電反応はCu2(+/)+Zn→Cu+Zn2(+/)。
→関連項目一次電池ダニエル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ダニエルでんち【ダニエル電池 Daniell cell】

隔膜によって仕切られた2室の一方に硫酸銅CuSO4水溶液と銅Cu板,他方に硫酸亜鉛ZnSO4水溶液と亜鉛Zn板を入れた電池で,1836年J.F.ダニエルの考案になる。起電反応は Cu2++Zn―→Cu+Zn2+で,起電力は約1.1V。歴史的な電池で現在は用いられていない。【笛木 和雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ダニエルでんち【ダニエル電池】

ダニエルが考案した電池。硫酸亜鉛溶液の中に浸した亜鉛を陰極、硫酸銅溶液の中に浸した銅を陽極とし、両溶液は素焼きの板で隔てる。起電力1.07~1.14ボルト。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダニエル電池
だにえるでんち
Daniell cell

1836年にイギリスのダニエルによって考案された歴史的な電池で、電池の理論的説明には必須(ひっす)のものとなっている。多孔質の隔膜で仕切られた負極室には硫酸亜鉛ZnSO4水溶液と亜鉛電極を、また正極室には硫酸銅CuSO4水溶液と銅電極を入れた二液式の電池である。電池式では
  Zn|ZnSO4CuSO4|Cu
と示すことができる。両電極を導線でつないで放電すると
 (負極)
  Zn―→Zn2++2e-
 (正極)
  Cu2++2e-―→Cu
 (全体)
  Zn+Cu2+―→Zn2++Cu
の反応がおこり、正極から負極へ電流が流れる。起電力は1.07~1.14ボルトで起電力変化は小さく、気体の発生もない。かつては電話交換機用電源として用いられたこともあったが、銅イオンが負極室へ拡散して自己放電をおこすため、液の交換を頻繁に行わなければならず、現在では実用性はなくなっている。
 なお、逆方向に起電力より大きい電圧を印加(加えること)して電流を流し充電すると、上式の逆に反応が進み元に戻る。このような可逆性のある電池を可逆電池という。また、金属をM、その塩をMXとするとき、2種の金属と2種の塩を組み合わせた
  M1|M1X1M2X2|M2
の形の電池を一般にダニエル形電池という。[浅野 満]
『橋本尚著『電池の科学――生物電池から太陽電池まで』(1987・講談社) ▽小久見善八編著『電気化学』(2000・オーム社) ▽電気化学会編『電気化学便覧』(2000・丸善) ▽電池便覧編集委員会編『電池便覧』(2001・丸善)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のダニエル電池の言及

【ダニエル】より

…31年ロンドンのキングズ・カレッジ設立時に化学教授に就任する。36年,長時間安定した電圧・電流を与えるいわゆるダニエル電池を考案し,電気学やその実用面の発展を促した。気象学にも業績があり,露点湿度計を発明し,《気象学エッセー集》を出版した。…

【電気化学】より

… 電気化学の研究対象となる最も基本的な系は,異種の電気の導体(そのうち少なくとも一つは電解質溶液のようなイオン伝導体とする)が直列につながっていて,その末端相の化学的組成が等しいものであり,これをガルバーニ電池という。その代表的な例はダニエル電池で,この種の系の構成を模式的に次のように表すことが多い。 Cu(端子)|Zn(電極)|ZnSO4(溶液)|  CuSO4(溶液)|Cu(電極)|Cu(端子)硫酸亜鉛ZnSO4溶液と硫酸銅CuSO4溶液の濃度が相等しく,かつ電池内に電流が流れていないときには,銅Cu電極は亜鉛Zn電極に対して約1.1Vの電位差を示す。…

※「ダニエル電池」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ダニエル電池の関連キーワードボルドー液膜平衡無水硫酸銅硫酸塩硫酸銅一方口切られ役酢酸銅パーテーションロクショウ(緑青)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone