コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツァーリ ツァーリtsar'

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツァーリ
tsar'

ロシア皇帝のこと。ローマ皇帝称号カエサルに由来する。中世ロシアでは,この称号は最高統治者,特に正教圏の首長たるビザンチン皇帝に用いられた。タタールの征服後は,タタール・ハンがロシアの文書で「ツァーリ」として言及されている。 1453年ビザンチン帝国の崩壊と 80年ロシアのタタールからの最終的解放後,モスクワ大公がみずからこの称号を冠するようになった。 72年イワン3世 (大帝) は最後のビザンチン皇帝の姪ゾエ・パレオロゴス (ロシア名ソフィヤ・パレオローグ) と結婚し,正教の保護者としてビザンチン宮廷の伝統と君主権の概念を継承した。 1547年イワン4世 (雷帝) はツァーリの称号を正式に採用したが,1721年ピョートル1世 (大帝) が元老院から「全ロシアの皇帝 (インペラートル) 」の称号を贈られてからは,これが彼とその後継者たちの正式の称号となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ツァーリ(〈ロシア〉tsar')

帝政ロシアの皇帝の公式の称号。1547年、イワン4世の時から正式に使われた。ローマ皇帝の称号「カエサル」に由来。ツァール。ツァー。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ツァーリ

ロシア皇帝の正式称号。1547年イワン4世(雷帝)が初めて採用。1721年以後はインペラートルImperatorが正式の皇帝称号となったが,ツァーリはロシア革命まで慣習的称号としてロシアの内外で併用された。
→関連項目アタマンイワン[3世]クレムリンコサックピョートル[1世]モスクワモスクワ大公国ロシア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ツァーリ【tsar’】

15~16世紀以降のロシアの君主をさす言葉。日本では英語のczarにより,ツァーともいう。ロシア語ではほかにバビロニア,ローマなどの古代国家や東方諸国の君主をさすのにも使われ,この場合にはヨーロッパ諸国の国王をさすコローリとほぼ同義である。ツァーリは語源的には古代ローマのカエサルCaesarのくずれた形で,これは直接西方からロシア語に入ったという説と,ビザンティウム(ギリシア語)・バルカン(ブルガリア語)経由説とがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ツァーリ【tsar'】

ロシア皇帝の称号。ラテン語のカエサル(Caesar)に由来する。一六世紀にイワン四世が正式に使い始めた。ツァー。ツァール。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツァーリ
つぁーり
царь tsar’ ロシア語

皇帝の意。ツァーtsarともいう。ラテン語のカエサルcaesarに由来し、15、16世紀からロシア革命までのロシアの君主をさす称号。中世ロシアでは、完全な独立国の君主を意味し、正式にはビザンティン帝国皇帝とキプチャク・ハン国のハンにのみ適用した。キプチャク・ハン国から独立して完全な主権を掌握したイワン3世が初めてこの称号を用いたが、常用語ではなく、普通「大公」ないし「ゴスダリ」(君主の意)の称号を用いた。この称号を正式に採用したのは、1547年イワン4世(雷帝)が即位したときからであり、以後ロシア君主の主たる公式称号となった。イワン4世がツァーリを称したのは、主権国家たる権威を内外に示すことと、独裁君主の性格を強調するためであった。1721年ピョートル1世(大帝)が正式に「インペラートル」(皇帝の意)の称号をとったあとも、慣用的にロシア皇帝は「ツァーリ」とよばれた。ブルガリアでも10世紀から14世紀に国王の正式称号として「ツァーリ」が用いられた。[伊藤幸男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のツァーリの言及

【皇帝】より

…(2)caesarは本来ラテン語の家名でありながら,アウグストゥス以来皇帝を意味する称号となった。ここから,ゲルマン語では,たとえば現代ドイツ語のカイザーKaiserが,スラブ語でも,たとえば現代ロシア語のツァーリtsar’が生まれた。tsar’称号もまた,imperator称号と同じく中世でビザンティン帝国のbasileus称号と等置されたが,そのtsar’称号を,920年代にはブルガリア人シメオン1世が(先行ブルガリア人支配者の称号khan=汗にかわって),1346年の戴冠式にはセルビア人ステファン・ドゥシャンが(kralj称号にかえて),1547年の戴冠式にはロシア人イワン4世が(先行支配者たちが最初に帯びていたknyaz’(公)称号,のちに帯びるようになったvelikii knyaz’(大公)称号の代りに),それぞれとなえたのは,いずれも,ビザンティン帝国の標榜する世界皇帝理念に対するみずからの態度表明としてであった。…

【皇帝】より

…(2)caesarは本来ラテン語の家名でありながら,アウグストゥス以来皇帝を意味する称号となった。ここから,ゲルマン語では,たとえば現代ドイツ語のカイザーKaiserが,スラブ語でも,たとえば現代ロシア語のツァーリtsar’が生まれた。tsar’称号もまた,imperator称号と同じく中世でビザンティン帝国のbasileus称号と等置されたが,そのtsar’称号を,920年代にはブルガリア人シメオン1世が(先行ブルガリア人支配者の称号khan=汗にかわって),1346年の戴冠式にはセルビア人ステファン・ドゥシャンが(kralj称号にかえて),1547年の戴冠式にはロシア人イワン4世が(先行支配者たちが最初に帯びていたknyaz’(公)称号,のちに帯びるようになったvelikii knyaz’(大公)称号の代りに),それぞれとなえたのは,いずれも,ビザンティン帝国の標榜する世界皇帝理念に対するみずからの態度表明としてであった。…

※「ツァーリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ツァーリの関連キーワードアナスターシア・ロマーノブナワシーリー・シュイスキーゼムスキー・ソボール国家基本法[ロシア]動乱時代[ロシア]ピョートル[1世]ミハイル・ロマノフM. ロジャンコアクサーコフ兄弟プロトポーポフフョードル1世ドン・コサックフョードル3世フョードル2世シリベストルミリュコーフリューリク朝ボロトニコフロシア年代記モロゾフ家

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ツァーリの関連情報