コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツクシガモ Tadorna tadorna; common shelduck

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツクシガモ
Tadorna tadorna; common shelduck

カモ目カモ科。全長 62cm。とそれに続くこぶ状の額が赤く,このこぶは繁殖期には大きくなる。羽色は頭頸部,肩,風切,腹の中央部,尾の先などが光沢のある緑黒色,そのほかの部分は白色で,肩から胸にかけて栗色の幅広い帯がある。繁殖地はスカンジナビア半島アイスランドヨーロッパ中西部沿岸と,黒海からモンゴルを経て中国東北部の内陸まで不連続に分布する。イギリスからカスピ海に及ぶ地域では一年中生息するが,北部で繁殖する鳥は冬には地中海沿岸海域やペルシア湾の深部,インド西部,中国南東部沿岸などに渡る。広い干潟や湖に生息し,カニ,貝類などを食べる。日本には冬鳥(→渡り鳥)としておもに九州地方有明海に数十~数百羽が渡来するが,ほかの地方に飛来するのはまれである。なお,日本にはほかに近縁のアカツクシガモが冬鳥として分布する。(→ガンカモ類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ツクシガモ

カモ科の鳥。翼長30cm。雄は頭部が緑色を帯びた黒で,体は白。栗色の太い線が腹から背にある。ヨーロッパから中国にかけて繁殖し,日本では九州などに冬鳥として渡来。
→関連項目与那覇湾

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツクシガモ
つくしがも / 筑紫鴨
shelduck
[学]Tadorna tadorna

鳥綱カモ目カモ科の鳥。ヨーロッパから中央アジア、シベリア南部、モンゴル、チベットにかけて、旧北区中部に広く繁殖し、アフリカ北部、インド北部、中国に渡るといった大陸性の分布をなす。日本には九州などに少数が大陸から迷い出て渡来し、有明海(ありあけかい)など広い干潟の泥生動物を食べるが、イギリスではとくに巻き貝が主食であるという。一定の換羽地に、換羽のための渡りを行う習性がある。巣は、ウサギの巣などの土穴を探して用いる。1腹9卵ぐらいであるが、巣穴の少ないこともあり、一つの穴に数羽の雌が合同で産卵してそれぞれの卵を抱き、合計30卵に達することもある。雛(ひな)は約30日で孵化(ふか)する。100羽近くの群れをつくることもある。全長約63センチメートル。雄の頭は緑色の光沢ある黒色、嘴(くちばし)は赤く繁殖期には鼻瘤(びりゅう)がある。体は全体に白く、肩の黒帯、栗(くり)色の胸帯、それに続く胸中央の黒帯がある。足はピンクである。雌は全般に雄より淡色をしている。
 ツクシガモ属には、アフリカ、アジア、オーストラリア、ニュージーランドに計7種のそれぞれ特徴のある羽色をした種があり、アジア産で絶滅したと疑われているカンムリツクシガモを含む。また、アカツクシガモも日本に少数渡来する。[黒田長久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ツクシガモの関連キーワード日本のラムサール条約登録湿地ケオラデオ国立公園カンムリツクシガモガン(雁)

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android