コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツンドラ気候 ツンドラきこう tundra climate

6件 の用語解説(ツンドラ気候の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツンドラ気候
ツンドラきこう
tundra climate

ウラジーミル・P.ケッペン気候区分における寒帯気候のなかで,最暖月の平均気温が 10~0℃の気候。夏は平均気温が 0℃以上になり,地表の雪が溶け,地衣類や蘚苔(せんたい)類,さらに高山植物が出現する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ツンドラ‐きこう【ツンドラ気候】

ケッペンの気候区分による寒帯気候の一。符合はET。最暖月の平均気温がセ氏0以上10度未満。夏にはツンドラ呼ばれる永久凍土が溶けてコケ類地衣類が育つが、農作物の生育には不適でトナカイ遊牧などがわずかに行われるロシア北端・カナダ北部・グリーンランド沿岸部・チベット高原アンデス山脈フエゴ島などにみられ、
[補説]チベットやアンデスなど高地のツンドラ気候地域は、高山気候(H)に分類される場合がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ツンドラ気候【ツンドラきこう】

ツンドラ地帯に特徴的な気候。寒冷で樹木の生長には適さないが,氷雪におおわれない季節をもつ。ケッペンの気候区分によれば寒帯気候に属し,最暖月の平均気温が0〜10℃,記号はET。
→関連項目シベリア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ツンドラきこう【ツンドラ気候 tundra climate】

寒帯気候のうちの一つ。ケッペン式区分ではETである。最暖月平均気温が0℃から10℃未満で,0℃に達しない氷雪気候(EF)と区別される。最寒月と最暖月の平均気温をそれぞれC,Wとしたとき,W=9.5-C/30の等値線(樹木限界)の外側に分布し,森林はないが,永久凍土層の1mくらいがとける夏季には,数週間,地衣・蘚苔類の生育がみられる。土壌は酸性でやせている。寒帯気候は両極から緯度60゜付近の間に分布しているが,ツンドラ気候南半球では南極大陸の縁辺にわずかに存在するだけで,大半が北半球北アメリカ大陸ユーラシア大陸の北極海の沿岸部とか,グリーンランド沿岸部などに分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ツンドラきこう【ツンドラ気候】

寒帯気候のうち、最暖月の平均気温が摂氏0~10度の範囲のもの。夏は冷涼で、樹木は生育しない。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツンドラ気候
つんどらきこう

寒帯の気候区分の一つ。寒帯気候はツンドラ気候と氷雪気候に二分されるが、夏季の月平均気温が0℃以上10℃未満で、凍土の表層部分が一時的に融解し、コケ植物や地衣類が生育する地域の気候をツンドラ気候(ケッペンのET気候)という。冬は極度に寒く、気温が零下45℃以下になる日もある。この気候はスカンジナビア、グリーンランド、ロシア、アラスカ、カナダなどの北極海沿岸を中心に分布している。このような気候下では農耕は不可能で、サーミやエスキモーなどの少数の先住民は、漁獲や狩猟に生活を依存してきた。石油などの地下資源、軍事や科学研究、北極航路、航空路などにとって重要な地域であり、人々の生活様式も西欧化が進んでいる。しかし、地球温暖化の影響を強く受けるとされ、一部では永久凍土層の崩壊も伝えられている。[山下脩二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツンドラ気候の関連キーワード亜寒帯気候温帯気候寒帯気候熱帯気候氷雪気候冷帯夏雨気候冷帯気候サバンナ気候ケッペンの気候区分ケッペンの気候分類

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone