コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テルボルフ Gerard Terborch/Gerard Ter Borch

デジタル大辞泉の解説

テルボルフ(Gerard Terborch/Gerard Ter Borch)

[1617~1681]オランダの画家。肖像画風俗画にすぐれ、特にしっとりと輝く絹などの光沢を強調する表現は有名。代表作「ミュンステルの講和」。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

テルボルフ

オランダの画家。ズウォレ生れ。父のもとで修業し,肖像画や市民階級の生活情景を描き,特に衣服の質感の描写にすぐれた。デ・ホーホステーンフェルメールら,後のオランダ風俗画の巨匠たちに与えた影響は大きい。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

テルボルフ【Gerard ter Borch】

1617‐81
オランダの画家。ズウォレに生まれ,すぐれた素描家であった父に学んだ後ハールレムでデ・モレインPieter de Molijnに師事。1630年代半ばから40年代にかけてイギリス,イタリア,スペイン,ドイツ等を遍歴。この間に独特の小画面の全身肖像を創始して名声を築き,スペイン王の肖像やミュンスターの和約を締結する代表国の集団肖像画等を描く。その後デルフトやライデンの画家たちに先んじて50年ころから上品で親密な室内風俗画に着手し,それまで粗野な農民や兵隊の生活を主たる題材としていた風俗画に新局面を開いて,17世紀後半のオランダを代表する風俗画家の一人となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テルボルフ
てるぼるふ
Gerard Terborch (Ter Borch)
(1617―1681)

オランダの画家。ズウォレ生まれ。初め画家であった同名の父(1584―1662)に学んだといわれ、1633~1635年ハーレムで風景画家モーレインPieter de Molijn(1595―1661)の弟子となる。イタリア、スペイン、フランドル、フランスを旅行後、アムステルダムで肖像画家として活躍。1646~1648年ミュンスターに滞在し、ウェストファリア条約会議の模様を『1648年ミュンスターでのスペインとオランダ間の平和条約の締結』(ロンドン、ナショナル・ギャラリー)に描いた。1654年デーフェンテルで結婚し市民権を得、1681年12月8日同地に没。1660年以後は小形式の肖像画が多い。彼の絵は室内をモチーフにした風俗画が多く、人物の繊細な心理描写と材質感(とくに絹や繻子(しゅす))を強調する光の処理に特色がある。代表作に『父親の訓戒』(アムステルダム国立美術館、ベルリン絵画館に重作)、『手紙を書く女』(ハーグ、マウリツホイス美術館)がある。[野村太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

テルボルフの関連キーワードメッツ(Gabriel Metsu)

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android