コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュパルク デュパルク Duparc, (Marie-Eugène) Henri

7件 の用語解説(デュパルクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュパルク
デュパルク
Duparc, (Marie-Eugène) Henri

[生]1848.1.21. パリ
[没]1933.2.12. モンドマルサン
フランスの作曲家。 C.フランクピアノ,作曲,音楽理論を学ぶ。近代フランス音楽に貢献した「フランキスト」の一人。 1855年以後精神病のためパリからスイスへ移り,隠遁生活をおくった。作品のほとんどは,彼自身によって破棄され,現在では新しいフランス歌曲への道を開いた 16の歌曲と交響詩『レノール』など少数しか残されていない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

デュパルク(Henri Duparc)

[1848~1933]フランスの作曲家。C=A=フランクに師事。国民音楽協会の設立者の一人で、近代フランス音楽の先駆的存在。歌曲「悲しみの歌」「旅への誘い」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

デュパルク

フランスの作曲家。パリに生まれ,C.フランクが教授を務めるイエズス会の学校に入学。以後,フランクは終生の師となった。法律を学ぶかたわら作曲に打ち込み,R.ワーグナーらのドイツ音楽に傾倒する。
→関連項目ノーマン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

デュパルク

フランスの作曲家。19世紀のフランス歌曲への貢献度が高い。なかでも、ボードレールの詩に基づく《旅への誘い(L’invitation au Voyage)》がよく知られている。この曲を含めた4曲の歌曲 ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

デュパルク【Henri Fouques Duparc】

1848‐1933
フランスの作曲家。フランクにピアノと作曲を学ぶ。その音楽活動は,85年間の生涯のうち,最初の歌曲を書いた1868年から神経衰弱のため活動を放棄した85年までの十数年に限られている。ワーグナーに傾倒し,71年にはサン・サーンスを中心とした国民音楽協会の設立に参加。師フランクからは最も才能ある弟子と見なされていたが,数多くの作品を自ら破棄してしまったため,残された作品はきわめて少ない。高度な抒情性をそなえ,詩と音楽のまれな統一を実現しているその数少ない歌曲は,フォーレドビュッシーへと受け継がれるフランス近代歌曲の歴史に確固とした足跡を残している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

デュパルク【Henri Duparc】

1848~1933) フランスの作曲家。フランクとともにフランス近代音楽、特に新しい芸術歌曲の確立に貢献。歌曲「旅へのいざない」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デュパルク
でゅぱるく
(Marie Eugne) Henri Duparc
(1848―1933)

フランスの作曲家。パリに生まれる。フランクのもっとも傑出した弟子だが、85歳の長い人生のうち、作曲活動に専念したのは20歳から約15年間にすぎない。師フランク譲りの厳格な自己批判の精神により、多くの作品を破棄した。慢性神経衰弱のため、30代の後半以降、約半世紀にわたり悲劇的な闘病生活を送り、南フランスのモン・ド・マルサンに没した。彼の現存するわずか18曲の歌曲(メロディ)(ボードレール詩『旅へのいざない』、ルコント・ド・リール詩『フィディレ』を含む)は、いずれも珠玉の傑作として、フランス歌曲史上光を放っている。ほかに器楽曲が若干ある。なお、療養中にプーシキン原作のオペラ『ルサルカ』を10年間手がけたが、未完成のまま、楽譜は1895年に焼き捨てられた。[船山信子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のデュパルクの言及

【フランス音楽】より

…彼は自ら交響曲,協奏曲を書くとともに,声楽家R.ビュシーヌと語らって1871年〈国民音楽協会〉を設立,〈アルス・ガリカArs gallica(フランスの芸術)〉を旗印に掲げて多くの同志を集め,現存のフランス人作曲家による室内音楽と管弦楽曲の紹介に努めた。 国民音楽協会の主導権をサン・サーンスに代わってやがて握ったのが,フランクとその弟子たち(デュパルク,ショーソン,とりわけダンディ)である。フランクはJ.S.バッハと晩年のベートーベンから教訓を引き出した。…

※「デュパルク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デュパルクの関連キーワードタンスマントメフランス組曲スッペ大クープランアヴァネーズエジプト風シランクスニグマルモンテル, フランソワ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone