コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デリンジャー現象 デリンジャーげんしょう Dellinger phenomenon

7件 の用語解説(デリンジャー現象の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デリンジャー現象
デリンジャーげんしょう
Dellinger phenomenon

アメリカの物理学者 J.デリンジャーが 1935年に発見したもので,太陽面に爆発が起る際に,地球上の昼半球で短波通信が減衰する現象。 10分ないし数十分間にわたる。夜間は起らず,太陽の高度が高い地方ほど著しい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

デリンジャー‐げんしょう〔‐ゲンシヤウ〕【デリンジャー現象】

地球の昼間の地域で、数十分にわたり短波通信が突然、妨げられる現象。太陽面のフレアによって紫外線X線が急増し、地球の電離層に異常電離を起こし、そこに電波が吸収されるためと考えられる。1935年に米国の物理学者デリンジャー(J.H.Dellinger)が発見。短波消失短波障害突発性電離層擾乱

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

デリンジャー現象【デリンジャーげんしょう】

太陽面の爆発現象(フレア)によって地球の日照半球の電離圏を伝搬する電波の強度が低下する現象。はなはだしい場合は受信も不可能になる。フレアによって多量のX線が地球に到達し,大気の原子・分子をきわめて大量に電離して,電離層(特にD層)の電子密度を急激に増大させる。
→関連項目短波放送D層デリンジャー電離層

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

デリンジャーげんしょう【デリンジャー現象 Dellinger phenomenon】

太陽面上の一部が急に明るく輝く爆発現象,すなわちフレアが発生すると,直後に地球では日照半球の電離圏を伝搬する短波帯電波の強度が急に弱まり,極端な場合には電波を受信することが不可能となる現象。発見者デリンジャーJohn Howard Dellinger(1886‐1964)にちなんで名付けられた。フレアにともなって放射された多量のX線は約8分後に地球に到達し,日照半球の電離圏下部(D,E領域)の大気を異常に強く電離するので,そこでの電子密度が急激に増加する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

デリンジャーげんしょう【デリンジャー現象】

昼間、数分から数十分間、短波通信が不能になる現象。太陽表面の爆発による X 線・紫外線によって電離圏下層の大気が異常に強く電離し、電波を吸収しやすくなることに起因する。太陽活動との関連を指摘したアメリカのデリンジャー(J. H. Dellinger1886~1962)にちなむ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

デリンジャー現象

大気圏の上層、地上50~500キロメートルにある電離層が、太陽面の爆発(太陽フレア)によって異常をきたすことにより起こる、短波(電磁波のうちの短波帯)の通信障害のこと。短波障害とも呼ばれる。昼の数分から数十分間発生し、その間、周波数3~30MHzの短波の長距離通信は弱まるか途絶えてしまう。1935年、米国の通信技師ジョン・ハワード・デリンジャーが、この現象と太陽との関連性を発表した。

(2013-5-20)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デリンジャー現象
でりんじゃーげんしょう
Dellinger effect

短波による国際無線通信が一時的に途絶する現象。アメリカのJ・H・デリンジャーが報告したところからこの名がつけられている。フェードアウトfade outともいう。国際通信の途絶は短いときは5~10分、長いときは数時間も続く。これは太陽表面のフレアflareという突発的爆発現象に基因している。すなわち、そのフレアによって強力な短波長放射や微粒子放射(プラズマplasmaまたは太陽風)が発生し、その刺激によってこの現象がおこる。このうち短波長放射(1000オングストローム以下の紫外線やX線)は、光速度3×105km/secで進み、約9分で地球の超高層に達して下部電離層(DおよびE層)を乱す。ただしこの場合、昼間側の層の電子密度の異常増加を引き起こす。そしてこの層、とくにD層は電波に対して減衰を与える役割をなす。その減衰度は電波周波数の二乗に反比例し、低い周波数ほどそれが激しい。したがって、D層で電子密度が増加すれば吸収が著しく、ここを電波の反射点としている通信回線では電波障害が大きい。しかもそれは低緯度で著しくおこる。
 一方、太陽風は地球に向かう速度がより遅く1.4×103km/secで、約26時間ほどで地球に達し、地球磁場の影響でとくに極地方に集まり、オーロラ現象を生じたり、地球の磁気嵐(あらし)を引き起こす。これは数日間は続き、しかもこれらの現象は昼間側に限らない。統計的には27日の周期性があり、太陽の自転の27日とほぼ一致することから、地球から見たときは太陽面の同じところを見ることになる。しかし、これは太陽の黒点数の少ないときのことであり、そのときはフレアも比較的少ない。一般に、フレアの激しいとき、すなわちデリンジャー現象の活発なときの予測は非常に困難である。[内田英治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デリンジャー現象の関連キーワード太陽フレアぎらぎら白日幕電Eスポ現象皓然昭昭照輝く太陽光モートン波

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デリンジャー現象の関連情報