コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥバタハ岩礁自然公園 トゥバタハがんしょうしぜんこうえん Tubbataha Reefs Natural Park

4件 の用語解説(トゥバタハ岩礁自然公園の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥバタハ岩礁自然公園
トゥバタハがんしょうしぜんこうえん
Tubbataha Reefs Natural Park

フィリピン南西部,パラワン島ネグロス島に挟まれたスル海に広がる自然公園プエルトプリンセサから 150km南東に位置する。100km2をこえるサンゴ礁を含む三つの環礁岩礁を中心とする海域には,500種類以上の魚類,350種類以上のサンゴ礁がみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

トゥバタハ‐がんしょうしぜんこうえん〔‐ガンセウシゼンコウヱン〕【トゥバタハ岩礁自然公園】

Tubbataha Reefs Natural Park》フィリピン南西部、スールー海にある自然公園。パラワン島の東約180キロメートル、大小二つの岩礁および周囲に広がる東南アジア最大規模のサンゴ礁からなる。オニイトマキエイマンタ)、バラクーダシュモクザメなどが生息し、スキューバダイビングの名所として世界的に知られる。1993年にトゥバタハ岩礁海中公園の名称で世界遺産自然遺産)に登録。2009年に現名称になって拡大登録された。トゥバタハリーフ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

トゥバタハ岩礁自然公園【トゥバタハがんしょうしぜんこうえん】

トゥバタハ・リーフ海中公園

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界遺産詳解の解説

トゥバタハがんしょうしぜんこうえん【トゥバタハ岩礁自然公園】

1993年に登録、2009年に登録内容が変更されたフィリピンの世界遺産(自然遺産)で、パラワン島の東、スル海中央にある大小2つの岩礁と珊瑚礁からなる。北部岩礁は全長16km、幅4.5kmの楕円形をしており、8kmの海峡を挟んだところにある南部岩礁は全長5km、幅3kmである。砂州ではウミガメが生息し、海中には東南アジア最大の珊瑚礁が広がり、サメやマンタなど多くの動物が生きている。多くの貴重な海洋性動植物の宝庫として、その稀少性が評価され、世界遺産に登録された。近年ではダイビングスポットとしても有名になったが、豊かな漁場に接しているためダイナマイトを使った密漁が相次ぎ、環境が破壊されつつある。2009年に範囲が拡大され、現在の名称に変更された。◇英名はTubbataha Reefs Natural Park

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トゥバタハ岩礁自然公園の関連キーワードブトリントシミエン国立公園エルベ渓谷アボメイの王宮群ゴフ島及びインアクセシブル島大チョーラ朝寺院群ダラム城と大聖堂タリン歴史地区〈旧市街〉バムとその文化的景観ローマ帝国の国境線