トゥバタハ岩礁自然公園(読み)トゥバタハがんしょうしぜんこうえん(英語表記)Tubbataha Reefs Natural Park

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「トゥバタハ岩礁自然公園」の解説

トゥバタハ岩礁自然公園
トゥバタハがんしょうしぜんこうえん
Tubbataha Reefs Natural Park

フィリピン南西部,パラワン島ネグロス島に挟まれたスル海に広がる自然公園。プエルトプリンセサから 150km南東に位置する。100km2をこえるサンゴ礁を含む三つの環礁岩礁を中心とする海域には,500種類以上の魚類,350種類以上のサンゴ礁がみられる。北側の岩礁は「バード・アイランド」と呼ばれる海鳥の島で,南側の岩礁は灯台が立ち「ライトハウス」と呼ばれる。冬季に北東から吹きつけるモンスーン(→季節風)が人間の立ち入りを拒み,一帯を多様な海洋生物の楽園としてきた。アオウミガメやタイマイ,マンタ(→イトマキエイ),サメ,カツオドリ,アジサシなどの動物,ヒゲシバスベリヒユエノコログサモモタマナなどの植物,さらに 45種類の海草類が生息する。1993年,トゥバタハ岩礁海中公園として世界遺産の自然遺産に登録。2009年には範囲を 3倍に広げ,現名称で拡大登録された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界遺産詳解「トゥバタハ岩礁自然公園」の解説

トゥバタハがんしょうしぜんこうえん【トゥバタハ岩礁自然公園】

1993年に登録、2009年に登録内容が変更されたフィリピンの世界遺産(自然遺産)で、パラワン島の東、スル海中央にある大小2つの岩礁と珊瑚礁からなる。北部岩礁は全長16km、幅4.5kmの楕円形をしており、8kmの海峡を挟んだところにある南部岩礁は全長5km、幅3kmである。砂州ではウミガメが生息し、海中には東南アジア最大の珊瑚礁が広がり、サメやマンタなど多くの動物が生きている。多くの貴重な海洋性動植物の宝庫として、その稀少性が評価され、世界遺産に登録された。近年ではダイビングスポットとしても有名になったが、豊かな漁場に接しているためダイナマイトを使った密漁が相次ぎ、環境が破壊されつつある。2009年に範囲が拡大され、現在の名称に変更された。◇英名はTubbataha Reefs Natural Park

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

デジタル大辞泉「トゥバタハ岩礁自然公園」の解説

トゥバタハ‐がんしょうしぜんこうえん〔‐ガンセウシゼンコウヱン〕【トゥバタハ岩礁自然公園】

Tubbataha Reefs Natural Park》フィリピン南西部、スールー海にある自然公園。パラワン島の東約180キロメートル、大小二つの岩礁および周囲に広がる東南アジア最大規模のサンゴ礁からなる。オニイトマキエイ(マンタ)、バラクーダシュモクザメなどが生息し、スキューバダイビングの名所として世界的に知られる。1993年にトゥバタハ岩礁海中公園の名称で世界遺産(自然遺産)に登録。2009年に現名称になって拡大登録された。トゥバタハリーフ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android