トマス[チェラノ](英語表記)Tommaso da Celano

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トマス[チェラノ]
Tommaso da Celano

[生]1190頃
[没]1260
イタリアの修道者。アッシジのフランシスコの弟子。 1214年以来フランシスコに従い,師の死後教皇グレゴリウス9世の命によって,フランシスコの伝記を書いた。これは文学的香気のゆえに多くの読者を得たが,歴史的信頼性には欠けるところがあるといわれる。死者のためのミサで歌われる『ディエス・レイ』 Dies iraeの作者ともいわれるが,確かではない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android