コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トマリ Tomari

世界大百科事典 第2版の解説

トマリ【Tomari】

ロシア連邦,サハリン(樺太)南西岸にある最北不凍港。旧日本名は泊居(とまりおる)。人口8300(1993)。日本領時代の1915年樺太工業会社のパルプ工場設立とともに発展し,18年には泊居支庁の所在地となった。またサケ,マス,コンブ,カニなどの漁業も盛んで,カニ缶詰工場があり,また清酒の醸造所もあった。樺太庁鉄道西海岸線の要衝として人口は41年には1万1177を数えた。45年ソ連併合後も製紙コンビナートや漁業コンビナートが置かれ,家具工場や人造石材工場のほか,ビール醸造所もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トマリ
とまり
Томари Tomari 

南樺太(からふと)(サハリン)西海岸の小都市。1945年(昭和20)以前の日本領時代には泊居(とまりおる)と称した。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トマリの関連キーワードボアロー=ナルスジャック利尻礼文サロベツ国立公園アンドール フォルデシュムスティエサントマリームスチエサントマリーオロロンサントマリースーザン サランドンスーセントマリー運河アンブディフタチャセントメアリーズ川グレナディーン諸島グラウンドゴルフスーセントマリーフォートウェーンホーコン皇太子ロシュフォールサントマリー岬セントマリー岬スペリオル湖トアマシナ州

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android