トムラウシ山(読み)トムラウシやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トムラウシ山
トムラウシやま

北海道中央部,大雪火山群の南部にある火山。標高 2141m。美瑛,新得両町の境に位置し,大雪山の基底溶岩から成る約 1700mの台地上に形成されたドーム状の火山。安山岩から成り,頂上付近に湿地帯,西麓高山植物群落で有名な黄金ヶ原がある。火口湖にはエゾサンショウウオが生息する。大雪山国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

トムラウシ山【トムラウシやま】

北海道中央部,大雪山系にある山。標高2141m。山頂付近にはトムラウシ庭園,日本庭園と呼ばれるお花畑が広がり,多くの高山植物が見られる。ナキウサギの生息地。2009年7月16日,ツアー会社が企画,募集したツアー登山の参加者等9名が死亡する,遭難死亡事故が発生した。低体温症に起因するとみられている。登山口はトムラウシ温泉,天人峡など。大雪山国立公園に属し,日本百名山にも選ばれている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕トムラウシ山(トムラウシやま)


北海道中央部、石狩(いしかり)山地西部の火山。大雪(たいせつ)山系南部の溶岩台地上に噴出した溶岩円頂丘(ようがんえんちょうきゅう)。標高2141m。深田久弥(ふかだきゅうや)「日本百名山」の一つ。山体が載る凝灰岩(ぎょうかいがん)の溶岩台地には山頂西側の黄金ヶ原(こがねがはら)や北東側のヒサゴ沼・五色ヶ原(ごしきがはら)など広大な湿原・沼地があり、お花畑を形成する。大雪山(だいせつざん)国立公園に含まれる。南東麓(なんとうろく)のトムラウシ温泉一帯は自然休養村。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トムラウシ山
とむらうしやま

北海道中央部、上川(かみかわ)総合振興局管内の美瑛町(びえいちょう)と十勝(とかち)総合振興局管内の新得町(しんとくちょう)の境界にある山。標高2141メートル。大雪(たいせつ)山から十勝岳に至る火山群のほぼ中央にあり、旭(あさひ)岳の南方12キロメートルに位置する。更新世(洪積世)に噴出の広大な溶結凝灰岩の台地上に安山岩質溶岩が山体を形成し、一見ドーム状の地形を示すが溶岩流である。山頂部には直径400メートルの火口が残っている。大雪山西麓(せいろく)の天人峡温泉からの一泊コースなどの登山コースがある。[岡本次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トムラウシ山の関連情報