コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天人峡 てんにんきょう

5件 の用語解説(天人峡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天人峡
てんにんきょう

北海道中央部,大雪山の南西方,石狩川の支流忠別川上流部にある峡谷。溶結凝灰岩柱状節理が約 8kmにわたって続き,七福岩,あまつ岩,天神,音楽,涙壁などの巨岩や羽衣ノ滝,敷島ノ滝などの渓谷美で知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

てんにん‐きょう〔‐ケフ〕【天人峡】

北海道中央部、大雪山群の主峰、旭岳の南西麓にある峡谷。柱状節理を示し両岸に高さ250メートル、長さ8キロメートルの絶壁が続く。大雪山国立公園の景勝地。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

てんにんきょう【天人峡】

北海道中央部,大雪山の南西麓,石狩川の支流忠別川上流部にある峡谷。上川支庁東川町と美瑛町の境界にあり,大雪山国立公園に含まれる。約8kmにわたって大岩壁や凝灰岩の柱状節理が見られる。北壁にある羽衣の滝は高さ約250mから7段に流れ落ちる道内最大の滝である。羽衣の滝のやや下流には天人峡温泉(ボウ硝泉,47~50℃)があり,大雪山の登山口になっている。【奥平 忠志】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕天人峡(てんにんきょう)


北海道中央部、石狩(いしかり)川支流の忠別(ちゅうべつ)川上流部にある峡谷。長さ約8km。原生林におおわれた高さ100mを超える柱状節理(ちゅうじょうせつり)が発達。落差250mで道内最大の羽衣(はごろもの)滝がかかる。秋は紅葉の名所。峡谷中央の天人峡温泉は大雪(たいせつ)山の登山口をなす。大雪山(だいせつざん)国立公園に属する。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天人峡
てんにんきょう

北海道中央部、大雪(たいせつ)山旭(あさひ)岳の南西麓(ろく)にある峡谷。石狩(いしかり)川支流の忠別(ちゅうべつ)川上流部にあり、延長約8キロメートル。大雪山国立公園の一部で、大きな岩壁や溶結凝灰岩の柱状節理がみられ、北壁には落差270メートル、道内最大の羽衣(はごろも)の滝がかかる。さらにその上流には敷島(しきしま)の滝がある。[岡本次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天人峡の関連情報