トラコーマ(英語表記)trachoma

翻訳|trachoma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トラコーマ
trachoma

トラホームともいう。開発途上国などでは依然,発生率の高い結膜伝染性疾患で,重要な失明原因の一つになっている。急性型と慢性型がある。大部分は定型的な慢性トラコーマに移行し,結膜円蓋部には顆粒が並び,瞼板結膜に乳頭が増殖し,結膜は充血肥厚する。経過が長引くと角膜が混濁し,視力障害を起すことがある。病原体であるトラコーマ小体はやや大型のクラミジアで,治療にはサルファ剤,抗生物質の点眼が行われる。先進国ではほとんどトラコーマ患者はみられなくなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

トラコーマ

トラホームとも。東南アジア,中近東,アフリカなどに広くみられるクラミジア・トラコマスの感染による伝染性の慢性結膜炎。かつて日本にも多かったが最近は少なくなった。急性に発症することもあるが次第に慢性型に移行する。初め軽度の炎症と異物感があり,結膜は発赤,肥厚し,顆粒(かりゅう)の増殖がみられる。進行すると角膜に血管が侵入し(パンヌス),潰瘍(かいよう)を生じ,視力を障害する。また,逆まつ毛,眼瞼(がんけん)内反,涙嚢(るいのう)炎を併発する。テトラサイクリン系の抗生物質が有効で,これに顆粒に対する乱切,擦過などの小手術を加えて治療する。
→関連項目眼精疲労クラミジア感染症田端義夫届出伝染病

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トラコーマ【trachoma】

トラホームともいい,角膜,結膜をおもに侵す伝染性疾患。かつて日本では,この眼病は失明原因の上位を占めたが,上下水道等衛生環境,衛生思想の向上,抗生物質の発達とともに激減し,現在,新しく発症をみることはほとんどなくなった。現在,日本で問題となるのは,高齢者にみられる瘢痕(はんこん)化したトラコーマによる後遺症である。しかし一方,発展途上国においては,トラコーマは依然として失明原因の上位を占めているので,過去の病気といいきってしまうわけにはいかない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

トラコーマ【trachoma】

伝染性の、目の結膜疾患。病原体はクラミジア。急性結膜炎の形で始まり、まぶたの裏側に透明な粟粒大のぶつぶつができる。慢性期には角膜が混濁し、視力低下を招くことが多い。トラホーム。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トラコーマ
とらこーま
trachoma

感染性の結膜疾患の一種で、トラホームTrachom(ドイツ語)ともいう。結膜に濾胞(ろほう)をつくり、慢性に経過する病気で、クラミジア・トラコーマティスChlamydia trachomatisという病原体の感染でおこる。かつてはもっとも患者の多い目の感染症であったが、衛生状態のよい先進国ではごくまれになった。濾胞は融合して大きくなり、結膜上皮細胞に病原体の集合体とみられる封入体(トラコーマ小体、プロワツェクProwazek小体)が検出される。角膜上方から混濁を伴って血管が侵入するが、この状態をパンヌスpannusという。結膜に瘢痕(はんこん)をつくり、その影響で涙液分泌低下、眼瞼(がんけん)内反、睫毛(しょうもう)(まつげ)乱生、涙道閉鎖、角膜潰瘍(かいよう)などの後遺症をおこす。このために視力が障害される。病原体に対してエリスロマイシン、テトラサイクリン系の抗生物質が有効である。両者とも主として軟膏(なんこう)が用いられる。[内田幸男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

トラコーマ

〘名〙 (trachoma) プロワツェク小体という病原体により起こる結膜の慢性伝染性疾患。ウイルス性疾患と考えられている。結膜や涙道や黒目の表面に瘢痕・ひきつれを生じ、そのためまつ毛が黒目を刺すようになったり、黒目が濁って視力が下がったりする。時には失明することもある。トラホーム。
※東北地方漁村住宅改善要旨(1941)二六「トラコーマ等の如き伝染する眼病の人が」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のトラコーマの言及

【角膜】より

…これらを分類すると,(1)感染症等炎症によるもの,(2)遺伝素因をもった変性疾患,(3)物理的な外傷および薬品による化学的な外傷,(4)栄養障害によるもの,の4群になる。 炎症性疾患としては,かつてはトラコーマウイルスによるトラコーマが多く,失明原因の主流を占めたが,衛生状態の改善や抗生物質の発達でほとんどみられなくなった。現在みられるのは,角膜上皮,角膜実質にできた瘢痕(はんこん)や血管新生による混濁である。…

【目∥眼】より

…【丸尾 敏夫】
【眼病の歴史】
 古代エジプトの医学文書として名高い前16世紀の《エーベルス・パピルス》は,目の化膿,盲目化,結膜浮腫,白内障,眼瞼外反,眼瞼内反,目の肉芽,水腫眼,虹彩炎,角膜白斑,瞼裂斑,翼状片,ブドウ腫,睫毛乱生(逆まつ毛)というように,眼病を驚くほど細かく診別している。ここではまた硫酸銅で治療した目の流行病にふれているが,これはトラコーマであったと思われる。トラコーマはギリシア・ローマ時代にもよく知られ,その後十字軍,モンゴル族の侵略,ナポレオン戦争,ロシア革命など人間の大移動のたびに流行を繰り返し,今日ではアジア,アフリカの貧困地帯で猛威をふるっている。…

※「トラコーマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トラコーマの関連情報