トランク(英語表記)trunk

翻訳|trunk

世界大百科事典 第2版の解説

トランク【trunk】

大型で衣類などを入れる箱型のかばん。1877年内務省勧商局〈大日本各港輸出入九ヶ年一覧表〉では〈革文庫・trunks〉と記載されている。内部には布や紙をはり,外側は革や帆布,アルミニウムで仕上げる。旅行用のほか,家庭の衣装庫,書類の運搬などに使用される。中央から真二つに開く小型トランクをポートマントーportmanteauと呼ぶこともある。【青羽 真理子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

トランク【trunk】

旅行用の、大型で長方形の鞄かばん
(乗用車の)荷物室。荷物入れ。トランク-ルーム。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トランク
とらんく
trank

旅行用大形鞄(かばん)の一種。明治初期に輸入され、革文庫の文字をあて、別名を台下とよんだ。衣料や身の回りの品を入れ、寝台の下に置いたためこの名が出た。1879年(明治12)ごろから国産化され、鉄やトタン張りのものがつくられて、服入れとして87年ごろから流行し、旅行鞄といわれ広く使われた。牛皮を最高とし、馬や豚皮が用いられたが、大正時代になって絶縁材料として開発・輸入されたファイバーが、軽くてじょうぶとのことで普及した。外国旅行などの遠距離旅行が盛んになるにつれてトランクの需要も高まり、さらに飛行機などの交通機関の発達は、旅行の形式にも変化をきたし、トランクの材料も、軽くじょうぶなものに移行してきた。軽金属製のものもその軽量性とじょうぶさと美しさで重宝されている。大形トランクは今日では船旅用となっている。また乗用車の後部荷物入れもトランクと称する。[田中俊子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

トランク

〘名〙 (trunk)
① 荷物の運搬や保管に用いる、長方形の旅行かばん。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉五「電信器械、砕石器械、馬具、手提げ、『トロンク』(日本の駄荷箱の類)等の製作」
② 乗用車の後尾にある荷物入れ。トランクルーム
※冥土の顔役(1957)〈島田一男〉喪服の似合う女「自動車のトランクから採取した指紋について」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トランクの関連情報