コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トルテカ文化 トルテカぶんか Toltec culture

4件 の用語解説(トルテカ文化の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トルテカ文化
トルテカぶんか
Toltec culture

10~12世紀にかけてメキシコ中央高原に栄えたトルテカ族の文化。トルテカ王国の首都トゥラにはケツァルコアトルに捧げられた神殿が建ち,その壁画にジャガーやへびなどの浮彫がみられる。また,この神殿の廃虚から高さ 4.6mもある巨石戦士像が発見されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

トルテカ文化【トルテカぶんか】

メソアメリカの古典後期(600年―1000年)を代表する文化。テオティワカン文化の没落とともにメキシコ中央高原に形成され,メソアメリカ全域に広まった。トルテカToltekaは〈すぐれた人〉を意味し,単一の部族ではなく,テオティワカンを没落させた各地の指導者階級であり,彼らによって地方文化が隆盛したが,強力な統一勢力は生まれなかった。
→関連項目アメリカ・インディアンチチェン・イッツァマヤ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

トルテカぶんか【トルテカ文化】

メソアメリカ古典期後期(600‐1000)の代表的な文化。メキシコ中央高原地方に,テオティワカン(テオティワカン文化)の没落に伴って形成され,メソアメリカ全域に普及した文化の総称。その特徴は,ケツァルコアトル信仰と,この神に関係するシンボル,たとえば羽毛を持つ蛇,金星,天下る神,蛇の口から出現する神,時のシンボル,四つの足などのモティーフが石彫や壁画などにみられること,平面I字形石輪付球技場,防御施設を備えた都市などである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トルテカ文化
とるてかぶんか

テオティワカン文化の滅亡後、10~12世紀にメキシコ中央高原とその隣接地方に覇を唱えたトルテカTolteca人の文化。彼らが一つの民族を構成していたかどうかについては絵文書その他の歴史伝承間に矛盾があり、研究者間でも異説がある。トルテカ文化の中心地はトゥーラ遺跡であるが、そのほかにもトゥーラの名を冠する遺跡(トゥーラ・ショチカルコ、トゥーラ・テオテナンゴなど)があり、テオティワカン滅亡後各地にいくつもの民族集団が中心地を築き、トルテカを自称したものらしい。いずれも10~11世紀が最盛期で、その後、北方からのチチメカ諸族の侵入により滅亡した。ケツァルコアトル信仰、三脚付き彩色土器(コヨトラテルコ式、マサパン式)、階段状ピラミッド形基壇、石柱、チャクモルとよぶ石彫、大規模な人身供儀(ひとみくぎ)、球戯場、銅細工などが特徴的要素で、冶金(やきん)術はトルテカ文化の時代にメキシコ高原に広まったと考えられている。[大貫良夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のトルテカ文化の言及

【アメリカ・インディアン】より

…政治,宗教,工芸,商業での専門分化が進み,社会は階層区分が明確になり,石造の大神殿や宮殿,石彫,壁画,硬玉細工,金銀細工,美しい土器や織物が作られた。中央高原ではテオティワカンのあと,トゥーラを中心としたトルテカ文化,そのあとの混乱から生まれて諸民族の平定を図ったアステカ文化など,支配民族とその王国の交替がはげしかった。今日,高原では,オトミタラスコサポテコ,ミヘなどインディオが存続するが,スペイン人との混血が多い。…

【メソアメリカ】より

…次の〈古典期〉(前期は前100‐後600年,後期は600‐1000年)は大都市の出現をみ,最も華やかで完成された文化が創設された時期である。テオティワカン文化が前期の代表であり,後期は史上最も多彩な文化を開花させた活気に満ちた時期で,トルテカ文化マヤ文化が代表的である。続く〈後古典期〉(前期は1000‐1350年,後期は1350‐1521年)はメキシコ北部乾燥地帯から侵入するチチメカ族の起こす混乱と,そのなかから生まれてくる文化を特色とし,メシカ文化が代表的である。…

※「トルテカ文化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トルテカ文化の関連キーワードアングロアメリカアメリカ杉アメリカンメソアメリカ文明アメリカ アメリカメソア ウェッジメソアメリカショチカルコチチメカ文化ラテン・アメリカ美術

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone