ドリーネ(読み)どりーね(英語表記)doline

日本大百科全書(ニッポニカ)「ドリーネ」の解説

ドリーネ
どりーね
doline

石灰岩地域に発達するすり鉢状の窪地(くぼち)。カルスト凹(おう)地形の一種。成因には、降雨による溶食の場合、地下の鍾乳洞(しょうにゅうどう)の拡大により地表陥没してできる場合などがある。平面は円形または楕円(だえん)形、直径は1メートル前後から100メートル以上に及ぶものまでさまざまである。ドリーネの底には粘土質のテラロッサ(赤色土壌)が発達し耕地となっているところもある。ドリーネが発達するとウバーレになる。

[三井嘉都夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ドリーネ」の解説

ドリーネ
doline; sink hole

石灰岩地域に存在するすり鉢状の溶食凹地。石灰岩が二酸化炭素を含んだ水に溶食されて形成される。石灰岩中に存在する割れ目に沿って地下水がしみ込むと,地中に空洞が生じ,天井が落込んで形成されることもある。その大きさは直径数十m~数百m,深さ数m~数百mに達し,底には溶食し残されたアルミナ,鉄分などを主成分とするテラロッサと呼ばれる土壌が存在する。ドリーネが連続したものをウバーレという。 (→カルスト地形 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「ドリーネ」の解説

ドリーネ

〘名〙 (Doline) カルスト地形の一つ。石灰岩の土地の表面に見られる摺鉢(すりばち)状の窪地。大きさは直径一〇〇メートルに及ぶものもある。石灰穽(せっかいせい)。ドリーナ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「ドリーネ」の解説

ドリーネ【doline】

溶食作用を受けやすい石灰岩台地の地表に生ずるすりばち状のくぼ地。ドリーネは谷を意味するセルビア語ドリーナdolinaに由来する。イギリスやアメリカでは,落込穴sinkholeという。ほとんどの石灰岩台地にみられ,カルスト地形の基本的な地形とみなされている。日本では山口県の秋吉台,福岡県の平尾台に多く発達している。その典型的なものは円形で,漏斗状や皿状をなすが,不整形のものも多い。大きさは径数mから数百mまでさまざまである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のドリーネの言及

【カルスト地形】より

…カルスト地形の完全な発達のためには,とくに溶食作用の十分な進行に有効な高度や起伏をもつことが重要な条件となる。
[カルスト景観]
 石灰岩の広く露出している地域では,岩石の弱線に沿って溶解が進むにつれて,局地的に地表が低下したり,地下溶食によって生じた地下の空隙が陥没したりして,ドリーネdolineと呼ぶ凹地(くぼ地)が各所に発生する。地表流はこれらの凹地を通じて地下に排水されるので,普通の河川はできないで,その代りに地下水系(隠蔽水系)が発達する。…

【カルスト地形】より

…カルスト地形の完全な発達のためには,とくに溶食作用の十分な進行に有効な高度や起伏をもつことが重要な条件となる。
[カルスト景観]
 石灰岩の広く露出している地域では,岩石の弱線に沿って溶解が進むにつれて,局地的に地表が低下したり,地下溶食によって生じた地下の空隙が陥没したりして,ドリーネdolineと呼ぶ凹地(くぼ地)が各所に発生する。地表流はこれらの凹地を通じて地下に排水されるので,普通の河川はできないで,その代りに地下水系(隠蔽水系)が発達する。…

※「ドリーネ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

光合成

光のエネルギーにより生物が二酸化炭素を同化して有機化合物を生成する過程。緑色植物の場合には,クロロフィルおよびカロテノイドの働きにより光のエネルギーを吸収し,6CO2 + 12H2O → C6H12O...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android