コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネギ(葱) ネギAllium fistulosum; Welsh onion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネギ(葱)
ネギ
Allium fistulosum; Welsh onion

ユリ科の多年草。東洋ではかなり古くから重要な野菜となっているが,欧米ではあまり栽培されない。鱗茎はふくれず白色。葉は筒状で中空。5~6月頃,高さ約 70cmの花茎を伸ばし,白色の花を多数つける。花序は初め卵円形で先がとがり,総包に包まれているが,開花期に総包が破れて球状になり,葱坊主と俗称される。ネブカ,フカネギなど軟白された葉鞘部を食用にする株分れのほとんどない系統と,ハネギ,センボンネギなど株分れを繰返しきわめて多くの葉をつけて葉と葉鞘部を食用にする系統とに大別される。なお,ネギに代表されるネギ属をユリ科に入れず,ヒガンバナ科に入れたり,独立してネギ科とすることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ネギ【ネギ(葱) Welsh onion】

ユリ科の多年草(イラスト)。別名をネブカ,ヒトモジなどともいう。普通1~8本に分げつして族生する。鱗茎はつくらず,葉は短縮して茎に互生し,葉鞘(ようしよう)部と葉身部とからなっている。葉鞘部は鞘(さや)状で,相互に密に重なり合って茎状の構造(偽茎)となる。葉身部は長さ30~70cmに達し,表裏のない円筒状で先はとがり,生育するにつれて内部の組織が崩壊して中空となり,途中から折れ曲がる。蠟粉を帯び青緑色を呈する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のネギ(葱)の言及

【アリウム】より

…ユリ科ネギ属Alliumの園芸用に栽植される球根植物の総称。ネギ属には食用のネギタマネギニンニクニラリーキなどや多くの野生種があり,約450種が知られている。…

※「ネギ(葱)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ネギ(葱)の関連キーワードアサツキ(浅葱)

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android