コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネッタイシマカ Aedes aegypti

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネッタイシマカ
Aedes aegypti

双翅目科。体長 4.5mm内外。体は黒色で白色斑をもち,ヒトスジシマカに似るが,胸背に竪琴状の白色斑があるので区別することができる。肢の各関節部に白色部があり,跗節先端も白い。かつて南西諸島,九州の一部,小笠原諸島で記録されたが,現在は定着していない。世界の亜熱帯,熱帯に広く分布する普通種で,黄熱デング熱の媒介昆虫として重要な衛生害虫である。 (→ , ヤブカ )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネッタイシマカ
ねったいしまか / 熱帯縞蚊
[学]Aedes (Stegomyia) aegypti

昆虫綱双翅(そうし)目糸角亜目カ科に属する昆虫。翅長約3ミリメートル。黒褐色で、中胸背中央に2本の縦条と側方には前方で丸く湾曲する明瞭(めいりょう)な銀白色斑(はん)をもつ。全世界の熱帯に分布し、黄熱、デング熱などの熱帯病を媒介する。幼虫は人家周辺の桶(おけ)、水槽、バケツなどの人工容器の水たまりに多く発生する。日本には琉球(りゅうきゅう)諸島と小笠原(おがさわら)諸島から記録されている。成虫の活動範囲は人家周辺に限られ、家屋伝いに飛び回り、家に侵入して住民から吸血する。27~30℃、湿度70~90%という熱帯条件が本種に好適であり、吸血も気温が21℃以上になる昼間に行われる。1回に50~120卵を、吸血してから5~7日後に産み、卵は3日で孵化(ふか)する。卵は乾燥に耐久力があり、乾燥して半年後でもふたたび水に触れれば孵化が可能である。幼虫発育は27℃で1週間、22℃では2か月くらいかかる。蛹(さなぎ)は2~4日して成虫の羽化となる。[倉橋 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のネッタイシマカの言及

【ヤブカ(藪蚊)】より

…黒白の縞が特徴的なヒトスジシマカA.albopictusはなかでもふつうで,日本の東北地方以南では都市,農山村の別をとわず昼間屋外で好んで人を刺す。黄熱病の伝播をするので有名なネッタイシマカA.aegyptiもこの近縁種で,ともに熱帯地にはとくに多く,デング熱を媒介する。 これらのカの幼虫は,空缶,瓶,竹の切株,屋内の花瓶の水,寺院の手洗鉢など比較的小型で,汚濁の少ない水にみられる。…

※「ネッタイシマカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ネッタイシマカの関連キーワードフィンレー(Carlos Juan Finley)C.J. フィンレージカウイルス感染症黄熱(黒吐病)ヤブカ(藪蚊)チクングニア熱フィンライ染色体地図吸血動物シマカ倉橋吸血

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ネッタイシマカの関連情報