コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノスリ(鵟) ノスリbuzzard

翻訳|buzzard

世界大百科事典 第2版の解説

ノスリ【ノスリ(鵟) buzzard】

タカ目タカ科の鳥。旧北区およびアフリカの一部で繁殖し,冬はアフリカ,南アジア,マレー諸島まで渡る。上面は暗褐色,下面は淡黄褐色に暗褐色の斑紋がある。全長は雄約52cm,雌約57cm。日本ではトビについでふつうに見られるタカで,平地や低山の林,草原,農耕地に多い。ネズミやモグラなどの小哺乳類を多くとり,カエルや小鳥類も食べるが,ほとんどの獲物は地上でつかまえる。尾はトビより短く,帆翔(はんしよう)中のノスリは扇状に広げた先端のやや丸い尾が特徴である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のノスリ(鵟)の言及

【鳥類】より

… 鳥の視力がすぐれているのは,主として視細胞の数が非常に多いことによる。たとえば,イエスズメは視覚面の中心部(網膜中とくに視細胞の密な場所で,鳥には通常2ヵ所ある)で1mm2当り40万個,ノスリでは100万個もある。ヒトは約20万個で,ノスリの視力はヒトの8倍以上と推定される。…

※「ノスリ(鵟)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android