コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノブゴロド ノブゴロド Novgorod/Новгород

1件 の用語解説(ノブゴロドの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ノブゴロド(Novgorod/Новгород)

ロシア連邦北西部、ノブゴロド州の都市。同州の州都。正式名称ベリーキーノブゴロドボルホフ川沿いに位置する。交通・商業の中心地として発展し、化学などの工業も盛ん。9世紀中頃、リューリクに率いられたノルマン人が建設。当初は公国であったが、12世紀以降に共和制の都市国家となり、1478年モスクワ大公国に併合されるまでハンザ同盟に加盟していた。同国有数の古都として知られ、13の塔をもつクレムリン、11世紀の聖ソフィア大聖堂をはじめ、中世の歴史的建造物が数多く残っている。1992年、「ノブゴロドと周辺の歴史的建造物」の名称で世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノブゴロドの関連キーワードオネガ湖ネバ川ノブゴロド白海ボルゴグラードリューリクニジェゴロド州露西亜ロシア連邦

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノブゴロドの関連情報