コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハクセキレイ Motacilla alba; white wagtail

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハクセキレイ
Motacilla alba; white wagtail

スズメ目セキレイ科。黒白模様のセキレイの仲間。本種はユーラシア大陸のほぼ全土に分布し,9亜種がある。全長 16.5~21cm。基亜種はタイリクハクセキレイ M. a. alba で,ハクセキレイは本種名でもあり,日本にすむ 1亜種 M. a. lugens 名でもある。この亜種の雄の夏羽(→羽衣)は後頭につながる過眼線,胸,後頭から背面にかけての部分は黒い。顔と喉,腹は白い。背,肩は灰色を帯び,は白く,先端部が黒い。尾羽は両端が白色のほかは黒色。冬羽は夏羽の黒い部分が灰色や淡い色になる。過眼線がなく,セグロセキレイとよく似たものもいる。日本では 7亜種が記録されている。そのうちハクセキレイは北海道本州では留鳥九州地方以南では冬鳥(→渡り鳥)として生息する。また,ホオジロハクセキレイ M. m. leucopsis が九州の一部で繁殖し,越冬しているが,ほかの亜種は迷鳥である。冬季には全国の海岸や河口できわめて普通に見られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ハクセキレイ

セキレイ科の鳥。翼長9.5cm。黒と白の体色をした日本では最もふつうのセキレイ類。ユーラシアからアフリカにかけて広く分布。低地の水辺にすみ,市街地にも多い。川原の石の間や人家などに巣を作り,水辺の昆虫を食べる。
→関連項目セキレイ(鶺鴒)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハクセキレイ
はくせきれい / 白鶺鴒
white wagtail
[学]Motacilla alba

鳥綱スズメ目セキレイ科の鳥。同科セキレイ属10種中の一種。全長約21センチメートル。セグロセキレイM. grandisに似るが顔面は白色で、亜種のハクセキレイとタイワンハクセキレイのみ黒色の過眼線が明瞭(めいりょう)である。ハクセキレイは石川県以北で繁殖するが、別亜種ホオジロハクセキレイの繁殖が近年、九州北部、山陰で記録されている。上面が灰色の個体を古名ではウスズミセキレイ(薄墨鶺鴒)とよんだ。[坂根 干]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ハクセキレイの関連キーワードセグロセキレイ(背黒鶺鴒)セキレイ(鶺鴒)鶺鴒

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android