コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハルゼミ(春蟬) ハルゼミTerpnosia vacua

1件 の用語解説(ハルゼミ(春蟬)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハルゼミ【ハルゼミ(春蟬) Terpnosia vacua】

半翅目セミ科の昆虫。マツに限ってすむことからマツゼミマツムシとも呼ばれる。その名のとおり,日本本土ではもっとも早く,春に出現する。小型のセミで,体長は雄26~31mm,雌22~26mm,前翅の開張は61~67mm。体は,雄が一様に黒色なのに対し,雌は褐色の地に黒紋をもつ。翅は透明で,脈は黒色~褐色。雄の腹部は細長く,共鳴室が広く,腹端には白粉をつける。雌の産卵管は腹端から突出する。本州,四国,九州,中国に分布し,おもに平地の松林に見られる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone