コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アールヌーボー 〈フランス〉art nouveau

リフォーム用語集の解説

アールヌーボー

19世紀末から20世紀初めにフランスを中心に欧州で流行した芸術様式。植物模様や流れるような曲線が特徴。有機的な自由曲線組み合わせ、鉄やガラスといった素材を用いた植物模様や流れるような曲線が特徴。アール・ヌーヴォーはフランス語で「新しい芸術」を意味し、パリの美術商、サミュエル・ビングの店の名前メゾン・ドゥ・ラール・ヌーヴォーに由来する。

出典|リフォーム ホームプロリフォーム用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

アールヌーボー【art nouveau】

〔新芸術の意〕
一九世紀末から二〇世紀初頭、ヨーロッパ各国の建築・工芸・絵画などの諸芸術に流行した様式。モチーフを主に植物の形態に借り、曲線・曲面を用いて装飾的・図案的に表現した点に特徴がある。ビアズリー・マッキントッシュなどが代表的。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

アールヌーボーの関連キーワード建築家ヴィクトールバルセロナのカタルーニャ音楽堂とサングラーツ市歴史地区とエッゲンベルグ城アレクサンドレ シャルパンティエペラパレス・ホテル・ジュメイラダヌビウス・ホテル・ゲレルトアントニジョゼデアレンカール劇場アルフォンス・ミュシャ館清水 六兵衛(5代目)アドルフォリスボア市場CRマッキントッシュアレクサンドル3世橋オルタナティブモダンケチケメートの市庁舎群馬ガラス工芸美術館トーマス ハンプソンクリストゥス教会山寺 後藤美術館ゲッレールト温泉

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アールヌーボーの関連情報