アールヌーボー(英語表記)〈フランス〉art nouveau

リフォーム用語集の解説

アールヌーボー

19世紀末から20世紀初めにフランスを中心に欧州で流行した芸術様式。植物模様や流れるような曲線が特徴。有機的な自由曲線組み合わせ、鉄やガラスといった素材を用いた植物模様や流れるような曲線が特徴。アール・ヌーヴォーはフランス語で「新しい芸術」を意味し、パリの美術商、サミュエル・ビングの店の名前メゾン・ドゥ・ラール・ヌーヴォーに由来する。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

アールヌーボー【art nouveau】

〔新芸術の意〕
一九世紀末から二〇世紀初頭、ヨーロッパ各国の建築・工芸・絵画などの諸芸術に流行した様式。モチーフを主に植物の形態に借り、曲線・曲面を用いて装飾的・図案的に表現した点に特徴がある。ビアズリー・マッキントッシュなどが代表的。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

アール‐ヌーボー

〘名〙 (art nouveau 「新美術」の意) 一九世紀末から二〇世紀初めにかけて、フランスで流行した美術上の一様式。現実の動植物を装飾化し、建築、工芸、図案などに応用。淡い色彩、自由な曲線をその特徴とする。日本でも、日露戦争後、数年間この様式の図案が流行した。
※風俗画報‐二四五号(1902)流行門「刺繍〈略〉アールヌーボー式(外人、我か光琳を転化して、式となす)ならむには尤も可なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アールヌーボーの関連情報