コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビヤホール beer hall

翻訳|beer hall

デジタル大辞泉の解説

ビヤ‐ホール(beer hall)

《「ビアホール」とも》生ビールを飲ませることを主とする飲食店。日本では、明治32年(1899)東京の京橋で開店したのが始め。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ビヤホール【beer hall】

ビールを中心に,飲食を提供する店。イギリスにおける〈ビール・ハウスbeer house〉は,いわゆるパブのうちで,1830年のビール法によるビール販売の自由化で出現したビールのみを供する店を指す。13世紀にすでに酒食を供するタバーンがあったが,エールやビールと食事を出すエール・ハウス,ビール・ハウスは都市化の産物であった。いずれにしても上流階級飲物であるワインに対して,庶民の安直な飲物であった。 ドイツでもビールは元来家庭の飲物で,上流階級はワイン酒場にしか行かなかった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ビヤホール【beer hall】

主に生ビールを飲ませ、簡単な料理も出す飲食店。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビヤホール
びやほーる
beer hall

生ビールと主として洋風の料理を供する大衆的飲食店。歴史は古く、紀元前18世紀、古代バビロニアのハムラビ法典に、代金を銀で受け取ったビール酒場の女は罰せられるなどの条項がある。ドイツ・ミュンヘンのビヤハウスは16世紀にさかのぼる歴史をもつ。日本のビヤホールの始まりは、アメリカ人ウィリアム・コープランドWilliam Copeland(1832―1902)が1879年(明治12)ごろ横浜・山手に開いた外国船員対象のビヤガーデン、95年4月大阪麦酒(ビール)と丸三ビールが京都の内国勧業博覧会会場に設けた茶店、同年夏大阪麦酒が大阪・中之島で開催したビール会など諸説があるが、一般には99年8月4日、日本麦酒が東京市京橋区南金六町五(現在の銀座八丁目9)に開店した恵比寿(えびす)ビヤホールとされる。売価は大コップ(1リットル)20銭、中コップ(半リットル)10銭、小コップ(4分の1リットル)5銭で大繁盛した。
 ビヤホールは和製英語で、開店直前、あるイギリス人の提案で、ビヤルーム、ビヤバー、ビヤサロンなどの候補を抑えて決まったといい、ミルクホール、正宗(まさむね)ホール、金つばホールなど類似呼称が流行した。このあと各社が相次いでビヤホールを開設、第二次世界大戦の一時期を除いて隆盛が続いている。また夏だけビル屋上などを利用するビヤガーデンは、1953年(昭和28)大阪で生まれ、全国に広がったといわれる。[森脇逸男]
『稲垣真美著『日本のビール』(中公新書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ビヤホールの関連キーワードビール(アルコール飲料)被爆建物と象徴保存ビヤホールライオンサッポロライオンビヤホールの日ミルクホール銀座ライオンキリンシティ植田 敏郎アルサロビヤバー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android