コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーフィズ・イブラーヒーム Ḥāfiz Ibrāhīm

1件 の用語解説(ハーフィズ・イブラーヒームの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハーフィズ・イブラーヒーム【Ḥāfiz Ibrāhīm】

1871‐1932
エジプトの詩人。ナイル川の船上で生まれたことから〈ナイルの詩人〉という尊称によって知られる。上エジプトに技術官の父とトルコ女性の母との間に生まれる。カイロの兵学校に入り,そこで激しい政治運動を展開したためスーダンに左遷される。そこでもイギリス人指揮官に対する反抗ゆえに退役させられ,カイロで職もなく長いこと暮らす。政治的・社会的内容をもつ詩作を行い,後半生はダール・アルクトブ(図書館)に職を得るが,一転して保守的になる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ハーフィズ・イブラーヒームの関連キーワード満州国廃藩置県犬養毅内閣斎藤実内閣新教育詩と詩論団琢磨仙台(市)高田藩北海道開拓

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone