コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーフィズ・イブラーヒーム Ḥāfiz Ibrāhīm

世界大百科事典 第2版の解説

ハーフィズ・イブラーヒーム【Ḥāfiz Ibrāhīm】

1871‐1932
エジプト詩人ナイル川船上で生まれたことから〈ナイルの詩人〉という尊称によって知られる。上エジプトに技術官の父とトルコ女性の母との間に生まれる。カイロ兵学校に入り,そこで激しい政治運動を展開したためスーダンに左遷される。そこでもイギリス人指揮官に対する反抗ゆえに退役させられ,カイロで職もなく長いこと暮らす。政治的・社会的内容をもつ詩作を行い,後半生はダール・アルクトブ(図書館)に職を得るが,一転して保守的になる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ハーフィズ・イブラーヒームの関連キーワードアフマッド・シャウキーハリール・マトラーンマージニーシャウキーマトラーン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android