コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バゴー バゴー Bago

3件 の用語解説(バゴーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

バゴー(Bago)

ミャンマー南部の都市。旧首都ヤンゴンの北東約70キロメートルバゴー川沿いに位置する。交通の要地。9世紀にモン人が建設、ペグー朝トゥングー朝の都となった。全長55メートルの巨大な寝釈迦仏で知られるシュエターリャウンパゴダや、高さ114メートルの仏塔シュエモードーパゴダがある。バゴ。ペグー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

バゴー

ミャンマー南部,ヤンゴンの北東方,バゴー川にのぞむ古都。旧称ペグーPegu。漢字では白古。米作の中心地で鉄道の要地。シュウェモードーの大仏塔や臥身大仏像など仏教遺跡が多く,仏教徒の巡礼地。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バゴー
ばごー
Bago

ミャンマー(ビルマ)南部、バゴー管区の中心都市。旧名ペグーPegu。ペグー山地に発しヤンゴン川に合流するペグー川東岸にある。人口19万8400(2003推計)。交通の要衝で、ミャンマー第一の都市ヤンゴン(ラングーン)から、北のマンダレー、南東のモールメインに至る鉄道、道路の分岐点である。東方のシッタン川河口との間に運河が通じ、シッタン渓谷の物産を舟運でヤンゴンへ送る。仏像や陶磁器の製造など伝統工業行われる。町の歴史はきわめて古く、9世紀前期にモン人によって創建され、14世紀後期から16世紀前期まではペグー王朝の都であった。その後、ビルマ民族が建てたトーングー王朝の都となり、17世紀前期までその座にあったが、以後、モン人とビルマ人の間で争奪が繰り返された。1852年の第二次ビルマ戦争後はイギリス領に帰属した。高さ113メートルのシュウェモーダー・パゴダや、身長55メートルの巨大な涅槃(ねはん)像で知られるシュウェタリャウン寺院など歴史的建造物が多い。[酒井敏明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バゴーの関連キーワードピンマナミャンマーヤンゴンシュエッターリャウンパゴダ〈バゴー〉シュエモードーパゴダ〈バゴー〉チャウタージーパゴダバゴーマーケットヤンゴンの第二次世界大戦被災者墓地ヤンゴンの中華街ミャンマーの反政府デモ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バゴーの関連情報