コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バスケット・メーカー文化 バスケット・メーカーぶんかBasket Maker culture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バスケット・メーカー文化
バスケット・メーカーぶんか
Basket Maker culture

北アメリカ南西部の山間部に発達した先住民族インディアンの文化。一般にアナサジ文化がこれに相当する。起源は不明。初期は洞窟に住み,狩猟と植物採集生活を営んでいたが,前期 (前 100頃~後 400) には竪穴住居を建て,とうもろこし,かぼちゃ,豆類を栽培し定住生活に入った。まだ土器はなく,煮沸,貯蔵,運搬用具として籠を多く製作,使用した。後期 (400~700) は大きな集落も形成され,貯蔵庫やキバと呼ばれる宗教儀礼を行う場所もつくられた。生活用具として,土器,投槍器,掘棒,木製棍棒頭,網,縄,袋物,サンダル,弓矢,石斧,石製パイプ,骨角器装身具などがあり,前期にはなかった土器が伝わったことが特徴である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

バスケット・メーカー文化【バスケットメーカーぶんか】

北米のコロラド高原で200年―700年ごろに栄えたアメリカ・インディアンの文化。3期に分けられる。1期は狩猟を営み,2期は半猟半農で,容器,運搬用具としてバスケットを盛んに製作。主要食料はトウモロコシ,カボチャ。3期には土器が作られた。→プエブロ文化
→関連項目メサ・バーデ国立公園

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

バスケット・メーカー文化の関連キーワード編む

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android