コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バナジウム バナジウム vanadium

翻訳|vanadium

7件 の用語解説(バナジウムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バナジウム
バナジウム
vanadium

元素記号V,原子番号 23,原子量 50.9415。周期表5族元素。天然にはカルノー石,パトロナイトなどとして産出する。岩石中に広く分布し,地殻における存在量は 135ppm,海水中の平均濃度は 2μg/l

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

バナジウム(vanadium)

バナジウム族元素の一。単体は銀灰色の金属。空気中では安定。鋼に少量加えると強度が増すので、添加剤として重要。また空気中で熱して得られる五酸化バナジウムV2O5触媒として用いられる。天然には堆積岩中に分布。元素記号V 原子番号23。原子量50.94。バナジン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

バナジウム

元素記号はV。原子番号23,原子量50.9415。融点1917℃,沸点3420℃。元素の一つ。1830年セフストレームが確認。鋼灰色の金属。空気中で安定。酸には侵され難いが,硝酸,フッ化水素酸などに溶ける。
→関連項目耐熱鋼チタン合金レアアース

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

バナジウム

 原子番号 23,原子量50.9415,元素記号 V,5族(旧Vb族)の元素.遷移元素で,微量必須元素の一つ.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

バナジウム【vanadium】

周期表元素記号=V 原子番号=23原子量=50.9415地殻中の存在度=135ppm(18位)安定核種存在比 50V=0.25%,51V=99.75%融点=1890℃ 沸点=約3000℃比重=5.98(18℃)電子配置=[Ar]3d34s2おもな酸化数=II,III,IV,V周期表第VA族に属するバナジウム元素の一つ。ドイツ語から俗にバナジンVanadinということもある。1830年スウェーデンのセフストレームN.G.Sefström(1787‐1845)がスウェーデン産の鉄鉱石中から新元素を発見し,これを北欧神話の美の女神Vanadis(フレイヤFreyjaの別名)にちなんでバナジウムと命名した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

バナジウム【vanadium】

5 族(バナジウム族)に属する遷移元素の一。元素記号 V  原子番号23。原子量50.94。銀灰色の金属。存在量はわずかだが地表に広く分布。チタンに似て耐食性が大きく、普通の酸・アルカリとは反応しにくい。バナジウムを鉄に混ぜると機械的強度が増すので高速度鋼の成分として用いられる。バナジン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バナジウム
ばなじうむ
vanadium

周期表第5族に属し、バナジウム族元素の一つ。原子番号23、元素記号V。1801年メキシコの鉱物学者デル・リオAndrs Manuel del Rio(1764―1849)は鉛鉱石から新元素を発見し、エリスロニウムerythronium(赤い元素の意)と命名したが、のちに誤認であるとして取り消した。1830年スウェーデンのセフストレームNils Gabriel Sefstrm(1787―1845)はスウェーデン産鉄鉱石から化合物がさまざまな色を呈する新元素を発見し、スカンジナビアの愛と美の女神バナディスVanadisからバナジウムと命名した。同年ドイツのウェーラーはエリスロニウムとバナジウムが同一元素であることを確認した。
 バナジウムは堆積(たいせき)岩に広く分布し、地殻中の存在度は比較的高いが、富化鉱床は少ない。石炭、石油に含まれ、ホヤ類の血液細胞にも存在する。バナジウム酸塩を還元して得られる単体金属は銀白色であるが、不純物の除去が困難であり、性質も不純物によって大きく影響を受ける。フッ化水素酸以外の非酸化性酸には侵されないが、酸化性酸、アルカリには溶ける。空気中で加熱すると、褐色、灰色、黒色、暗青色、橙赤(とうせき)色と変化して酸化バナジウム() V2O5にまで酸化される。延伸性、機械的強度を増加させる合金鋼材料として利用される。酸化数+から+までの化合物が多数知られているが、酸化状態および結合状態によってさまざまな色調を呈する。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バナジウムの関連キーワードオスミウム白金スズニッケルネオジムハフニウムバリウムモリブデンルテニウム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バナジウムの関連情報