コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンデクテン Pandekten

2件 の用語解説(パンデクテンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

パンデクテン【Pandekten】

ローマ法大全〉の主要部分である〈学説彙纂Digesta〉(ギリシア語流の表現では〈会典Pandectae〉となる)を指すドイツ語。近世以降,パンデクテンを基礎として発展した現代の法という意味で,〈パンデクテン法Pandektenrecht〉の語が用いられた。
[パンデクテンの現代的慣用]
 ドイツにおける〈ローマ法の継受〉が本格的に進行するのは15世紀中葉以降のことであるが,継受されたローマ法(中世イタリア法学によって学問的に加工された形でのローマ法大全)は普通法Gemeines Recht,すなわちドイツの全領域に共通の法として通用することになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パンデクテン
ぱんでくてん
Pandektenドイツ語
Pandectaeラテン語

普通名詞では百科辞典の意。法学上は次のような意味に用いられる。(1)古典時代ローマの法学者の学説を集成したユスティニアヌス帝の『学説彙纂(いさん)』。(2)後期注釈学派により形成されドイツに継受された普通法。法実務を通してローマ法を当時の社会的、経済的条件に適合するように理論化、体系化する試みを「パンデクテンの現代的慣用」と称した。さらに19世紀にプフタ、ウィントシャイトを代表者とするパンデクテン法学が隆盛となり、ドイツ民法典(1900)やスイス民法典(1907)に決定的役割を果たしたのである。また、ドイツ法を継受した日本の民法典や民法学にも大きな影響を与えた。[佐藤篤士]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のパンデクテンの言及

【ドイツ】より

…法律家もローマ法大全のごとき〈書かれた理性〉とそうした〈権威的典籍〉に呪縛された思惟様式から解放され,諸々の生きた法制度についての総合的な観察や叙述を試みるようになったのである。〈パンデクテンの現代的慣用〉の時代と総称されているこの時代は,それゆえに,多様な思惟様式と傾向とが錯綜したドイツ法学の真の意味での揺籃期だったといえる。 こうした新しい思惟様式と傾向に決定的な方向を与えたのは近代自然法論であった。…

【ドイツ普通法】より

…帝室裁判所令(1495)は,これを神聖ローマ帝国の普通法として,補充的効力を付与した。これはその後ドイツ固有法と混合して,パンデクテン(〈学説彙纂〉)の現代的慣用となったが,帝国解体(1806)後も効力を保持し,19世紀パンデクテン法学によりいっそう学問的に精錬され,ドイツ近代私法の基礎を形づくった。普通法は法曹法の一種で,実務法曹や法学教授によって担われ,ドイツ民法典(1900)の施行まで,ラントの諸法典により明示的に適用を排除された場合を除き,全ドイツ私法として通用した。…

【法学提要】より

…ユスティニアヌス1世は法典編纂に際し,ガイウスのそれをもとに,その後の法の変更を併せ考慮した《法学提要》4巻をテオフィルスおよびドロテウスに作成させ,533年学説彙纂と同時にこれに法的効力を付した。なお,今日,学説彙纂の用いたパンデクテン方式に対比して,《法学提要》にならって人,物,訴訟の区分により編纂された法典は,インスティトゥーティオーネン式と呼ばれ,19世紀初頭の代表的私法典であるオーストリア民法典,フランス民法典はともにこれに属する。【西村 重雄】。…

【歴史法学】より

… それゆえ,歴史法学を評価しようとする場合に,つねに指摘されてきた困難は,一方でそれが今日でもなおその現代的意義を失っていない〈法の歴史社会学的研究〉を主張しながらも,他方で経験的概念をあたかも数学的概念であるかのように操作する〈概念法学的手法〉をも説き,かつ後者のほうが結果的には優越していたということである。しかしこの後者は,パンデクテン法学という形でドイツ民法典を学問的に準備したことにより,すでにその歴史的使命は達成されてしまっているのであり,むしろ今日では,歴史法学本来の,しかもいまだ達成されていない〈真の法学(法の歴史社会学)〉の確立という課題が重要性を帯び,その評価にも影響を及ぼすようになってきているのである。概念法学【河上 倫逸】。…

※「パンデクテン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パンデクテンの関連キーワードウルピアヌスS状結腸トリボニアヌスローマ法大全ローマ法王極髄上行結腸ユスティニアヌス法典横行結腸矩計

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone