コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パン・ゲルマン主義 パンゲルマンしゅぎ

百科事典マイペディアの解説

パン・ゲルマン主義【パンゲルマンしゅぎ】

ドイツ帝国を中心に国外のドイツ民族を統合し,世界帝国を建設しようとする思想。植民地獲得のほか中欧とバルカンの支配をめざし,三B政策を推進してパン・スラブ主義と対立。
→関連項目オーストリア・ハンガリー二重帝国第1次世界大戦中欧

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

パン・ゲルマン主義の関連キーワードヒューストン・スティワート チェンバレンチェンバレン三B政策ナチス

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android