コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パーンディヤ朝 パーンディヤちょうPāṇḍya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パーンディヤ朝
パーンディヤちょう
Pāṇḍya

古代南インドの王朝アショーカ王刻文によって前3世紀頃,「パーンディヤ人」がインド南端部で独立国をつくっていたことがわかっている。2~3世紀にはこの王朝のもとで古代タミル語のシャンガム文学が栄えた。6世紀以後は王朝の系図も明らかになる。マドゥライを都として栄えたこの王朝は,スリランカパッラバ朝チョーラ朝など近隣の諸王朝と争いを繰返し,9世紀なかば以後に衰えたが,12世紀末に復活した。しかし近隣諸国やデリーのイスラム政権の侵入を受け,14世紀初めに滅んだ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

パーンディヤちょう【パーンディヤ朝 Pāṇḍya】

紀元前から14世紀まで南インド南端部を支配し,チョーラ朝とともに南インドの地方王朝興亡史を典型的に示した王朝。その主領域は首都マドゥライを中心に今日のティルネリベリ,マドゥライ,トラバンコールの諸地域に及ぶ。前4~前3世紀にメガステネスは〈ヘラクレスの娘の創始した国パンダイヤ〉と述べ,《エリュトラ海案内記》や大プリニウス,プトレマイオスの書にもこの地の繁栄ぶりが言及されている。紀元後1~3世紀にマドゥライを中心に栄えたシャンガム文学には,チョーラ,チェーラ,パーンディヤ3王国競合の状況などが描かれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パーンディヤ朝
ぱーんでぃやちょう
Pndya

南インドの王朝。マドゥライを都に半島南端部を支配した。紀元前3世紀のアショカ王の刻文にその名がみえるが、歴史が明確になるのは、タミル文学の古典作品によって詳細を知ることのできる1~3世紀のことである。当時はローマとの貿易が活発に行われ、またマドゥライにはシャンガムとよばれる文芸院があって、王の保護を受けた詩人たちが活躍した。4~6世紀の歴史ははっきりしないが、6世紀末に王朝はカドゥンゴーンによって復活され、7世紀後半には北方のパッラバ朝を破って勢力を増大し、9世紀にはセイロン島も征している。しかしその後、パッラバ朝にかわってチョーラ朝が台頭するとそれに抑えられ、11世紀にはその領土とされた。
 しかし、チョーラ朝の勢力が弱まるとともにふたたび台頭し、13世紀初めのマーラバルマン・スンダラ・パーンディヤ時代にはチョーラ朝の中心地をも侵し、13世紀後半にはついにそれを滅ぼした。14世紀に入ると王位継承の争いが内乱に発展し、またデリー・サルタナットの遠征軍にマドゥライを落とされ、ついに滅亡した。王国の統治は王族によって共同で行われたともいわれている。[辛島 昇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のパーンディヤ朝の言及

【ヒンドゥー教美術】より

パッラバ朝では首都カーンチープラムのカイラーサナータ寺をはじめとする石積寺院(7~9世紀),海港マハーバリプラムの岩石寺院,石窟,石積寺院(7世紀前期~8世紀初期)が重要である。パーンディヤ朝ではカルグマライの岩石寺院(8世紀)があげられる。エローラのヒンドゥー教石窟(7~9世紀)は,チャールキヤ,パッラバ両朝の建築技法を継承発展させたもので,とくに第16窟の岩石寺院カイラーサナータ寺(8世紀中期~9世紀中期)はヒンドゥー教寺院の最高傑作である。…

【ブラフマデーヤ村落】より

…王によってその全体または一部を1人あるいは多数のバラモンに施与された村落を総称したもの。すでにパッラバ朝,パーンディヤ朝などにもその存在が認められる。村落の運営は主としてサバーによって行われ,バラモンは租税の免除をうけた。…

※「パーンディヤ朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パーンディヤ朝の関連キーワード西・南アジア史(年表)パラクラマバーフ1世ブラフマデーヤ村落ビジャヤナガル王国チェーラ王国シャストリホイサラ朝チェーラ朝インド史ナードゥ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android